ミ~ト・スキャンダル

先月イギリスのメジャー・スーパーマーケットで、
販売されていた加工肉に、
牛肉100%と表示されているのにも関わらず、
馬肉が使用されていたのが発覚したのを発端に、
イギリスのみならずヨーロッパのあちこちで、
牛肉と偽った馬肉使用の食品が次々と発見され、
欧州中をゆるがしている。
中には、馬肉100%の冷凍ミートソースもあった。

スウェーデンの家具店IKEAの人気メニュー、
ミートボールからも馬肉が見つかったそうで、
日本人もそれを食べていた可能性が高い。
日本人なら、サクラ肉を食べたことのある人が
多いかも知れないが…。

一方、アフリカのケニアでは、
牛肉と偽ってロバ肉を販売している飲食店の
多いことが問題になっているらしい。
ロバを食用とする国もあるが、
ケニアにはその習慣がないそうだ。
しかも盗難されたロバなので、更にタチが悪い。

これらのニュースで、肉を食べる気がすっかり失せ、
どの肉&肉加工品も信用できないし、
元々特に肉好きではないし、
結局肉を食べないことが一番と思い、
今は実際ほとんど肉無しの食生活にしている。
恐らく、こんな肉偽装事件は、
まだまだ世界中で発見されるだろう。
例え、表示通りの種類の肉使用であっても、
日本のように国産と偽って輸入肉の場合もあるし、
賞味期限を誤魔化している場合もある。
ファーストフードで御馴染みのチキンナゲットは、
ペットフード用にも許可されない程の
粗悪な品質の肉のリサイクル品だともっぱら聞く。
知るのは怖いが、知らないまま食べ続けるのはもっと怖い。
しかし、どんなにひどい肉スキャンダルでも、
多分、北★★のあのウワサよりはマシだろう…。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-02-27 15:17


<< 巨猫注意報 アジアの老人 >>