暴力的なトイレ

ブライトンの公衆トイレに入ったら、
新たに便器に蓋が付くようになっていて、
こんなイギリスではすぐに壊されそうなものを、
何故設置したのかと疑問に思った。

用を足した後、蓋を下げて閉めないと
流水ボタンが現れない仕組みなので、
面倒臭いと思いつつ蓋を閉めた。
(念の為、自宅では必ずトイレの蓋は閉めます)

そして水を流した時、蓋の必要性が良~く分かった。
水の勢いが余りにも激し過ぎて、
蓋をがんがんバウンドさせる程だったからだ。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2014-11-28 15:03


<< パーソナル・スペース 盲目 >>