<   2012年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

遺伝のフシギ

私の夫は、フィンランド人の母と
中国人(マレー系華僑)の父から生まれた。
鼻は高くないが、目はヘーゼル掛かった薄い茶色で、
西洋人並みの白い肌をしている。
背丈は、イギリス人の中では小柄なほう(170cm)で、
体付きは筋肉細く、胸板薄く(笑)、全くアジア人っぽい。

夫の妹(私の義妹)は、兄である夫同様
目と口が大きくて、顔の印象は夫に良く似ているが、
鼻はもっと大きく、肌は浅黒く、瞳の色も濃く、
東洋人とも西洋人とも言えない、
ちょっと中近東人のようなエキゾティックな容貌をしている。
胸が大きくて、骨格的にも確実に西洋人に近い。

ノッティンガムに住む夫の従兄二人
(母親が中国人、父親がイギリス人)は、
夫とは全く逆で、目の小さな東洋人の顔に、
身長は180cm以上の、西洋人らしい逞しい体型をしている。

義妹の娘、つまり私の姪は、
1/4中国人と言うことになるが、
明らかに父親似で、義妹に似たところは一切見当たらず、
今のところ東洋人っぽい面影は全く無い。

ノッティンガムの従兄の息子達4人(7~20歳位)も、
姪と同じく中国人のクウォーターだが、
金髪碧眼で、東洋人らしい特徴は微塵も無い。

肌や髪の色素の濃いほうが、優性遺伝のはずなんだけど、
東洋人の血ってそんなに弱いの??
と、夫と不思議に思っている。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-08-31 16:12

今更知ったこの事実

馬鈴薯の芽には有毒物質が有ると言うのは
モチロン知っていたが、
皮が緑色になったジャガイモにも、同じ毒があるらしい。
そうなったジャガイモは、皮を厚く向いても駄目で、
捨てるしかないと義母も断言する。
私は全く知らずに、今まで一緒に調理していた!
そのことを夫に告白すると、
「だから君はしょっちゅうお腹こわしているんだよ…」と呆れられた。
そうか、そんなのか。…でも夫は腹下していないぞ。
それに、芽と同じ有毒物質なのならば、
加熱すれば平気じゃないのか??
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-08-30 16:16

生きるチカラ

友達の親戚に、金持ちの夫婦が居て、
一人息子が生まれた時から、
欲しがりそうなものを何でも与えて育てた。
その結果、彼は自分からは何も欲さない子供に育った。
大人になった時、彼は生きることも欲さなくなり、
自ら命を絶ったそうな。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-08-29 16:11

とらじの毛玉

良く階段の頂上付近に、ウサギの毛より細かい
フワフワのジンジャー色の毛の塊が落ちている。
愛猫とらじの毛玉である。
相変わらず、仲の悪い先輩猫ポコちゃんが二階へ行くのを邪魔し、
追っ掛け回すのだが、いつも階段の頂上でポコの反撃に遭い、
パンチを食らった際、抜け落ちた毛玉だからある。
とらじもポコにパンチを仕返すが、
不思議なことに、こんなに毛が一房となって抜け落ちるのはとらじだけ。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-08-28 16:05

裸のおーじ

ハリー王子の、ラス・ベガスのホテルで女性と
全裸でいる写真がネット流出し、
イギリスのThe Sun等の大衆紙は写真そのものを掲載したが、
掲載を憚った新聞は、アーティストに描かせた
その写真のイメージ画を掲載した。
その絵が、前衛的過ぎて、
子供が描いたのかと思えるプリミティブなタッチで、
写真よりもずっと笑かしてくれた。

夫は、「独身でイイ年の王子なんだし、
オンナとホテルですっぽんぽんで居たって、
別にニュースにするまでもないじゃないか。
もし一緒に居たのが男だったら、
話題になったかも知れないけどっ」とコメントした。

・・・まあ、非常にプライベートな場所での
写真の流出こと自体が、
行き過ぎた報道に投げ掛ける問題だよね~。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-08-27 16:05

領土問題

緊張走る、日本と中国・韓国間の領土問題。
このことについて夫に説明したら、
「中国なんて、あんなに国土が広いんだから、
島の一つや二つ、諦めればいーのに」と言い放った。
・・・勿論、尖閣諸島周辺の地下資源のことは知っているし、
単なる冗談なんだけど、例え冗談でも、
それが半分中国人の言うセリフだろうか(笑)。

イギリスのニュースでも、「尖閣諸島に
日本の国粋主義者(本当にこう言っていた!)が
上陸した」というのは報道された。

そのうちイギリスでも、中国人に寄る反日デモが
始まるんじゃないかとウンザリする。
日本人には、挑発に乗らずに冷静で居て欲しい。
解決は無理だろうけど、一日も早く
穏便に鎮火することを切望する。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-08-26 16:11

最強の信者

スペインのある教会で、
19世紀の中々素晴らしいフレスコ画のキリスト像があり、
傷みがひどくなって来たが、修理をするお金がなかった。

c0240195_5585292.jpg

そこで信者の一人の(絵心の全くない)80歳代のばーちゃんが、
これは見ちゃいられないと善意で勝手に修理を始め、
---結果、絵を台無しにした。

c0240195_5591428.jpg

絵画専門家は「5歳の子供でももうすこしマシに描ける」と評し、
またあるジャーナリストは「毛むくじゃらのサルのよーだ」と評価した。

それでもこのばーちゃん、一体全体「おやりなさい」と言う
神の声でも聞いた(つもりな)のか、
芸術家気取りかつ自信満々で、一向に罪の意識無し。
ばーちゃんの厚い信仰心は、芸術よりも強い。

幸運なことに、画家の孫娘が修理代を寄付し、
オリジナルの絵の写真は残っているので、
これから本格的な修理が始まるそうだ。

その前に、ばーちゃんの描いたサルを一目見に、
見学者が殺到するかも知れないが。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-08-25 16:05

さよなら、バオバオ君

c0240195_69506.jpg
4年前、ベルリンの動物園で、
たーっぷり遊んでもらった(注:ガラス越しだけど)
世界最高齢のオスのパンダ、バオバオ君が、
昨日永眠なさったらしい。ご冥福をお祈りいたします。
大往生だったそうだが、
あんなにパンダにお近付きになれる動物園なんて
他にないと思うので、やっぱり寂しい。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-08-24 16:04

夫婦仲のナゾ

姉夫婦は、新婚当初、義兄の会社の社宅に住んでいた。
階下には、ベランダで布団叩きをしているだけで怒鳴り込んでくる、
心の狭~いクレーマー奥さんが住んでいた。
案の定、社宅の嫌われ者だった。

そのダンナは、社宅に住んでいるのに高い車を乗り回し、
毎週末には家族を放ったらかしにして、
ゴルフに出掛けるようなオヤジだった(義兄が一番軽蔑するタイプ)。

妻は、髪もボサボサで歳より老けて見え、
はっきり言って醜く、100m先からでもそれと分かる
ブランド物だけは身に付けるようなタイプだった。

この夫婦の間には子供が二人いて、
社宅に住んでいるくせに(明らかに差別発言だが、
同じく社宅に住んでいた姉夫婦のセリフ)、
自分達のことを「お母様」「お父様」と呼ばせていた。
その割に(と言うか当然と言うべきか)、躾は全く出来ておらず、
せかされても挨拶一つ言えない子供達だった。

その社宅が取り壊されることになり、住民は全て立ち退き、
数年後、姉夫婦は家を買った。
ある日、近所の飲食店へ行くと、
何とその「迷惑見栄張り夫婦」がいるではないか。
彼らが近所に家を買ったことも、姉夫婦にとって大ショックだったが、
・・・子供が一人増えている!!
夫婦仲と言うものは、他人には全く分からないものだ~。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-08-23 16:08

今時のケン人形

今時のファッション・ドールには、
ボディに特別な色素が施されていて、
水で塗らすと色が出たり消えたりする仕組みが有る
仕様のものも発売されている。

例えば、おもちゃのメイクブラシやマニキュアブラシで
人形の目やツメを塗らすと、
アイシャドーやネイルカラーが浮かび上がって来る。
かなり女の子のお洒落ゴコロをくすぐる仕掛けだ。

多分同じ原理で、バービー人形のBFケンの
髭剃り人形」なるものが最近発売されている。
元々無精髭を生やしたような、青ジョリ状態の色素が付いたケン人形の頬や顎に、
付属の小さいシェーバーを水で塗らしてこすり付けると、
あら不思議!色素が消えて、綺麗に髭を剃り落としたように見えるのだ。
時間が経って水が乾くと、人間同様また髭が現れるようだ。
・・・しかしそれって、根本的に女の子が遊んで楽しいか???
どーいうマーケティングしてんの? マテル社。
男の子だって、別に欲しがるとは思えないけど。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-08-22 16:10