<   2012年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

頭の痛~い話

ニュースで、鎮痛剤を多く服用し過ぎると、
効き目が鈍るだけでなく、
返って頭痛を起こすと報道されていた。
一ヶ月につき10日が限度で、
15日を越えると、そういうリスクを生じるらしい。

ひどい肩凝りと眼精疲労で、私は頭痛を起こし易く、
しょっちゅうイブプロフェンのお世話になっている
言わば「イブプロフェン・ジャンキー」である。
アスピリン系にはアレルギーが有り、
パラセタモール(アセトアミノフェン)は、
一日の使用限度を超えると死ぬ危険性があるので、
イブプロフェンが一番安心と思って来たが、
この件に関しては、どの鎮痛剤も同じらしい。

一応マッサージや体操、患部を暖める、
血行を良くする食物を取るなどをして、
出来るだけ鎮痛剤を飲まないよう試みるが、
そういうものは大抵かなり時間が掛かり、
又一向に効果無い場合もあり、
そうこうしているうちに、無理に我慢していると、吐き気を催し、
立っていられない程頭痛が倍増する。
生理痛でも、鎮痛剤を飲まなくては過ごせない。
合計すると、簡単に10日近くなりそうだ。
今後は、私の鎮痛剤の使用を、夫が厳し~く見張っているし、
どうやって鎮痛剤無しで過ごせっちゅうんだい。
…と考えただけで、あ~頭痛くなる!!
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-09-30 16:04

野菜天国 2

Made in U.K.の商品が、本当に珍しくなって久しいイギリス。
これではいけない!ということで、
内需拡大の為に、国産の商品生産に力を入れ始めている。

そういうドキュメンタリー番組があり、
イギリス中部の衣料工場の女性労働者数名が、
敵を知ることも大切!と、中国の工場を見学しに行った。
その際、中国人労働者の夕食に招待されたが、
中国の一般家庭の食事なので野菜中心で、…絶句していた。
実際「…私達、野菜は苦手なのよね」と
言って困っていたのには笑った。

パブやレストランで食事を注文すると、
勿論野菜もたっぷり付いて来るが、
それは多くのイギリス人にとって「余計な飾り」であって、
生粋のイギリス人は、本当にジャガイモ以外野菜を食べないらしい。
まして保守的な中部の労働者階級とあっては、
その傾向は強いのかも知れない。

野菜を食べていれば健康!とは思わないけど、
私は本当に野菜料理が好きである。
もし野菜のフルコースなんてのが存在したら、
喜んで注文すると思う。
しかしヨーロッパの、イタリア以外の国と
ベジタリアン・メニュー以外では、
野菜はほとんど付け合わせかサラダでしかないのが寂しい。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-09-29 16:05

野菜天国

夫の上司が、日本に旅行に行きたがっているらしい。
でもその上司の妻がベジタリアンで、
以前夫婦でタイを旅行した際、
「野菜カレー」と言いつつも海老が入っていたりと、
完全な菜食主義メニューが全くなかった為、
東アジアは皆そうだろうと思っていて、
日本に行くのを躊躇しているそうだ。

…確かに、意外にそうかも!と思った。
健康に良いからとか、肉は胃に重いからと言う理由では、
元々東(or東南)アジア料理には、
大抵野菜がたっぷり使われているし、
欧米料理程量も多くなく、胃に負担も掛からないので、
わざわざベジタリアンになる理由がないのだ。
だから完璧な菜食主義者と言うのも、
欧米に比べて少ないのではと思う。

それに対し、欧米の食事処のメニューには、
必ずベジタリアン・マークの付いた料理があって、
肉は重過ぎるなあ~と思う時は、
菜食主義でもないのに、私も良く利用する
(とは言え、チーズたっぷりで油っこかったりはするけど)。

インドやイスラム教徒の国では、
宗教上、肉の種類やベジタリアン・メニューは、
厳密に明記されなければならない。

しかし、単に健康上の理由ではなく、
宗教や動物愛護などの本当に「主義」からのベジタリアンであれば、
日本には伝統的に精進料理と言うのがありますけど。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-09-28 16:03

日本的な胃

日本に住んでいた頃は、ヨーロッパから戻ると、
旅行中は毎日重い食事続きだったので、
まずウドンが食べたくなった。

こちらに住んでいても、日頃日本人並みの食事をしているから、
旅行へ出ると、外食続きはヘビーで胃が驚く。
それで旅行から帰ると、夫までウドンが食べたい~
などと言い出すようになった。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-09-27 16:09

耳に焼きつくメロディ

英国の連立与党の自民党の党首で副首相のニック・クレッグが、
公約違反について、と言うか公約しなかった件について、
今更謝罪のスピーチをした。
(でも謝るだけ日本の政治家よりマシか!)
そのスピーチ映像を、ニュース・サイトか何かが
勝手にコンピューター操作で歌にし、
ネットで流しているそうだ。
これが本当に良く出来たケッサクで、
一度聞いたら忘れられない。
クレッグ氏は、さぞ居た堪れないことであろう(笑)。

更に、制作者側は、もしCD発売の許可が出たら、
売り上げは子供用チャリティに当てたいなどと発表している。
・・・こういう茶目っ気やセンスの良さは、
日本人には絶対有り得ないなあ。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-09-26 16:11

高校教師

ニュースで、イーストサセックス州の
15歳の女子学生が失踪中と伝えていた。
どうやら30歳の教師と駆け落ちしたらしく、
ドーヴァーを超えてフランスに渡ったのが目撃されたらしい。
その少女の写真をテレビで見たら、
制服を着た学校登録用の公式の写真なのに、
やっぱりあらまあ既にハスッパそうで可愛くなかった。
…「高校教師」ってドラマ、昔ありましたね。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-09-25 16:10

消えた死体のナゾ

その数日後の朝、庭で別なネズミの死体を
宙に放り投げて、とらじが遊んでいた。
すぐさまとらじを家の中に追い込んで、
数分後、死体を片付けに庭に戻ったら、
…もう無かった。
その間カササギがけたたましく鳴いていたので、
持って行ったに違いない。

庭の端に、生垣や庭木の切った枝を
しばらく積み上げておく場所があるのだが、
どうもそこにネズミ一家が住み着いているようだ。
とらじがしょっちゅう前で見張っている。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-09-25 16:08

庭に首なし死体!

…のネズミを発見。
ひえ~、いったい頭は何処に??
と恐る恐る庭中を探したが、無かった。
その場にとらじ猫とソックス猫が居たので、
どちらかが食べたんだろう…。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-09-24 16:04

究極の日用大工

スラングで、いい加減なDIYをすると言う動詞を「bodge」と言い、
又それをする人を「bodger」と呼ぶ。

お隣(NEETの巣じゃないほう)の裏庭には、
中々素敵なウッドデッキがあるのだが、
最近、その上にパーゴラを作った。
デッキのほうは、多分キットを組み立てたようだが、
パーゴラのほうは、B&Q(大手ホームセンター・チェーン)で
特価だった木材を大量に買って来て、作ろうと思ったらしい。

隣の御主人のお父さんらしき人が、一人で2日間掛けて作った。
これが、見事な凄まじいbodgingだった。
テキトウ過ぎて強度も心配だが、
・・・平行に打ち付けられた木材が一本も無いのだ!!
何だか見ていて船酔い起こしそう(笑)。
普通ここまでメチャクチャだと、
途中でイヤになって投げ出すと思うのだが、
その超いい加減なまま完成させたことが凄いと思う。

隣の御主人自身は大工さんなので、
このパーゴラの仕上がりを他人に見せるのは、
彼の技術の信用に関わるのではないかと危惧する。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-09-23 16:12

赤毛の試練

何故ジンジャー男の典型的な行動がそれかと言うと、
イングランドでは赤毛は珍しく(スコットランドでは多いようだが)、
小さい頃から学校等でからかわれるので、
精神が弱いと自殺するが、
お調子者に育ち易いらしい。
・・・それイジメじゃねーか(涙)。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-09-22 16:08