<   2012年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

嗚呼、英国!

今年のロンドン・オリンピックで痛感した事実は…、
私はイギリスに全く親近感を
持っていないと言うことだった。
間違い無くこの国に住んでいるのだから、
ちょっとは応援しようと思っていても、
単なるガイジン選手にしか見えなかった。
返って、ハンガリー人選手を見ると、
応援したい気持ちになった。
これには夫からも、「そりゃひどいよ。
僕は日本人だって応援してるのに」と抗議が出た。

イギリスに住み始めて6年が過ぎた。
今までこの国で、日本では決して有り得ない
素敵な体験を何度もしたし、
親切な人にも何人にも会った。
夫は、ここで宝物のように大切にしてくれる。
なのに、何故こんなに愛着がないのだろう??
自己嫌悪するら感じる。

この国に住み始めたきっかけは、
たまたま結婚したい人がイギリス人だったのに他ならないが、
勿論選択・決断したのは自分である。
その際、自分にとって魅力の無い国で
はたして暮らしていけるのか??不安は多いにあった。

出来れば日本を離れたくはなかった。
誰だって、住み慣れた文化・習慣の国が一番である
(そうじゃない人はちょっと悲しい…)。
典型的な日本人は決して好きではないが、
日本語と日本の便利さと和食には未練タラタラだった。
それでも、イギリスもヨーロッパのうちだから、
自分の好きな中欧に近いから、と言い聞かせて決心した。

私が知る限り、イギリス好きな日本人と言うと、
自分で勝手に理想に描いた国イギリスに溺れていて、
ネガティブな現実は見ようとしない盲目的で、
ほとんど宗教のような人が多いように感じる。
まず、それに凄~く抵抗を憶える。
一方、特にイギリス好きじゃない家族や友達に
「うちに遊びに来てよ~」と言っても、
この国に関心が余りない人にとっては、
観光的にかなり魅力薄い国なようだ。
近年はイギリスの外食文化がかなり改善されたとは言え、
わざわざ遠い外国から来るレベルでもない。

結局私は、イギリスの文化に愛着が持てない。
生理的にこの国に馴染めない。
今は暮らしているからには、
それなりに興味を持たない訳にはいかないが、
フォークロアがほとんど存在せず、
御当地の特産品のない国の文化には敬意が払えない。
心栄え優れた人からの恩恵より、
迷惑な人からの被害が多いとなれば、
好意を持てと言われても難しい。
この国に住み始めて以来、
車でひき殺されそうになったことは数知れず。
綺麗な庭園でクリームティーを楽しむなんて素敵♪と思っても、
フリマでスージー・クーパーを格安で手に入れて喜んでも、
それは一般のイギリス好きな人達に便乗した感覚であって、
自分の本来の価値観とは今だ違和感を感じずにはいられない。

もし、もっと頻繁に日本に帰ることが出来れば、
そんなに不便さを感じなくても住むだろうし、
もっと頻繁にヨーロッパの他の好きな国を訪れることが出来れば、
イギリスってやっぱりヨーロッパの国なんだと実感し、
生活をそれなりに楽しむことが出来るだろう。
しかし夫の仕事の都合上、そういう訳にも行かない。
これからどうやって、この好きでもない国で
暮らしたら良いのか、途方に暮れる。
それでも私は、このイギリスで生きて行く。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-12-31 15:06

大河ドラマが見たい…

ほんの小さな子供の頃から、
NHKの大河ドラマが好きだった。
「この登場人物の描き方は独特過ぎる」とか
「時代考証がギモン」とか、
「この役にこの俳優ってどーよ?」と文句を言いつつも、
他の日本のドラマよりはずっと楽しめた。

イギリスでも見たくて、インターネットで挑戦するのだが、
私のパソコンのシグナルが悪いのか、
人気でラインが混み過ぎているせいか、
途中でブツブツ止まって凄くストレスな為、
結局毎年3~4月で諦める。
(返って年末なら空いていて見れるのかなあ)

今年の「平清盛」は、視聴率史上最低と聞いたが、
一月に帰国していた際にはテレビで見ていた時点では、
変わった視点で面白いと思っていたんだけどね…。
極悪白河法皇を演じた伊東四朗と、
平忠盛役の中井喜一が上手いなーと感心していた。

結局、人気は戦国と幕末に集中していて、
それ以外の時代となると、
視聴率は顕著に落ちるようだ。
しかも、歴史好きには保守的な視聴者が多いようで、
「史実と違う」とか、「イメージが違う」とか
(そんな本人を見た訳でもないくせに~)言う話は、
毎回凝りもせず耳にする。
私は、そのギャップに文句を言い、
ツッコミをしながらも許容するのが、
大河ドラマの楽しみ方だと思う。
ドラマは所詮ドラマなのだし、
同じようなものを繰り返しても面白くないだけだ。

来年の「八重の桜」は、
福島県が舞台だし、どうしても見たい。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-12-30 15:11

一年を振り返り

雨が多いことで知られるイギリスだが、
今年は特に一年を通し、
各地で記録的な雨量を観測した。
年末の今も暴風雨続きで、
未だ洪水に悩まされている地域も多い。
そんなイギリスの2012年を振り返り、
ナメクジの年」と表現された。
・・・うーぷす。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-12-29 06:21

暴走妄想老人

今度の選挙で当選を果たしたある政治家が、
「中国に馬鹿にされ、アメリカの奴隷のままの国で
終りたくないから、強い国を目指したい」とか
言うようなことを言ったらしいが
(ちゃんと調べる気もナシ)、
「うっそマジ? いつの時代の話だ?」と思った。
御年も御年の政治家なので、ついに
高齢特有の思考混乱が来ちゃったかとも思った。
はたして一体、日本が中国に馬鹿にされているとか、
終戦直後の占領下ならともかく、
日本がアメリカの奴隷だと思い込んでいる、
可哀相なコンプレックス塗れの日本人って、
…他に居るのかなァ??
そもそも、この人の言う「強い国」ってのが、
憲法を改正した軍事強化で、
かつて日本の行き過ぎた軍国主義が、
アメリカに対する敗戦を招いた結果から
何も学んでいないオソマツさだ。

もっとも、ナショナリストと言うよりは、
もはやファシストと呼んだほうが相応しい政治家なので、
こんな時代錯誤なトンチンカンなことを今言ったとしても、
何ら不思議でもない。
彼は、ほとんど公の場で口を開く度に、
激しい思い上がりと勝手な思い込みと
差別と偏見に塗れた問題発言ばかりを繰り返して来た人物だ。
そんな人間が、今だ政治家のままで、
更に国政も担う一人になるとは、
日本人の平和ボケっぷりにも呆れて声が出ない。
自慢のゴーマンぶりで、語気だけは
いつもハッキリ自信たっぷりなので、
「言ってることには一理ある」とか
「気骨がある」とか勘違いする、
こやつの望み通りの「アイデンティティのない日本人」の
支持者に支えられているのだろう。

時々、高速道路の進行方向を間違えて
逆走する老人のニュースを聞くが、
こやつもまるで、時代と言う名の高速道路を逆走しているみたい…。
でも大変迷惑で危険なのは確か(笑)。

タケシの言う通り、尖閣に自費で
思いっきり豪華な別荘でも建てて、
毎日竹やり持って、中国の監視船や軍機が来る度に、
好きなだけ得意の気骨で対戦するがいい。
更に、そこに原発もオッ建てるがいい。
中国から馬鹿にされるとしたら、
まずこういう政治家が日本に存在することだろう。
反日の中国人も、無意味に日系商店や
日本人旅行者を攻撃していないで、
しっかりターゲットを定めるべきだ。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-12-28 15:15

本当にあった怖い話

日本に住んでいた頃、
海外旅行に行くことになり、
フライトは午前なので、朝早く家を出発した。
未だ人も疎らな早朝の高田馬場駅では、
トランクが重いので、
エレベーターを利用することにした。
エレベーターのボタンを押して呼び出し、
ドアが開くと、
…中にはう★こ。
明らかに人糞。
思わず悲鳴を上げそうになった。
トランクは相当重かったが、
結局その一つだけのエレベーターを利用する勇気はなかった。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-12-27 15:11

猫の巣作り

義妹の家の猫ティナは、
自分で勝手にタンスを開け、
靴下やぱんつを盗み出し、
自分の「巣」に集める習性があるそうだ。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-12-26 15:05

優れた国民?

日本の首相が替わって、夫に「また替わったの?
今度は何て言う人?」と聞かれる度に、
恥ずかしさもあり、「憶える必要はないよ。
またすぐ替わるから」と答えて来た。
半分冗談のつもりだったが、全くその通りだった。
今度の選挙でも、夫に「与党が敗れたんだね。
次期首相となる勝った政党の党首は何と言う人?」と聞かれ、
「あー…、憶えるまでもないよ」と答えた。
夫は自分で調べて、「かつて一度首相だったことがあり、
すぐに病気で辞めた人だね。
大丈夫なの?そんな人で」と聞いて来たので、
「いや、駄目でしょう。また(都合よく)
病気になるでしょう」と投げやりに答えた。

「こんなに首相が目まぐるしく交代しても、
目立った混乱も無く、まして暴動も起きずに、
国民は秩序を守り、黙々と業務をこなしている。
他の国では、どう考えても普通有り得ない。
日本人は(政治家はどう見てもクズだが)、
類稀な優れた国民だ」と夫は絶賛する。
本当に優れた国民なら、優れた政治家が
少しは出てくれても良いんだけどねー…。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-12-25 15:09

クリスマス症候群

現在キリスト教徒でも1割の人しか
教会へ行かない程信仰心の薄い、
また移民が多い故、異教徒も多いイギリスでも、
クリスマスが一年で最大の祭りであることは確かだ。

これに比べ、正月はクリスマスの一部と見なされ、
私のような日本人にとっては拍子抜けする程あっけなく、
更に暗いジメジメした冬は未だ未だ続くので、
クリスマスの飾り付けを取り去ると
(1月6日まで飾って良いことになっている)、
一年の始まりだと言うのに、
何とも淋し~い気持ちが込み上げてくる。

貯金する人も少ないイギリスらしいので、
お金もクリスマスですっかり使い果たし、
クリスマス休暇後に、
「クリスマス症候群」とでも言うように
落ち込む人も多いんじゃない?と夫に聞いたら、
…「クリスマス症候群」はあるらしい。

クリスマス前、特に12月に入ってからは、
商店も一番の稼ぎ時で、街も一番盛り上がっているが、
実際のクリスマス・イブからクリスマス当日、
更に26日のボクシング・デイは、
商店も閉まり、交通機関も極端に少なく、
街は静まり返っている。
賑わっているのは家の中で、
正に日本の元旦のような雰囲気。
クリスマスは、恋人とラブラブに過ごす日ではなく、
本場ではあくまで家族と過ごす日なのだ。
それ故にこの期間、
一緒に過ごす家族やパートナーがいない人は、
非常に孤独な気持ちに陥るらしい。
更に、もし仕事も無い、お金も無いとなったら、
惨めこの上なく、実際クリスマス前は、
自殺者が最も多い季節なのだそうだ(涙)。

多くの人が幸せを味わう季節は、その一方で、
多くの人に寄り不幸を痛感させる時期でもある。
そう考えると、極普通にクリスマスを迎えられることが、
一層有り難く感じられる。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-12-24 15:17

健康と安眠

軽い喘息持ちである
(発作起こして吸引する程ではない)。
喘息患者には、同じ部屋でペットと寝るのが
非常に良くないと、何度も聞いたことがある。
でも、うちの猫達は、夜ベッドで
私と一緒に「おねんね」するのを
最高の幸せと感じているのは確かで、
一緒に寝るのを拒否するなんて、
絶対可哀想過ぎて出来ない。
もし寝室から締め出せば、ドアを引っ掻く
Orうるさく啼くの抗議三昧で、
それはそれで安眠の妨害になるだろう。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-12-23 15:08

死語 2

も一つ廃止にすべきだと思う単語が、
「virgin road」。
一体教会のヴァージン・ロードを歩く
ヴァージンの花嫁が何処に居ると言うのだ。
聞くだけで、こちらのほうが
居た堪れなく恥ずかしくなる。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2012-12-22 15:08