<   2013年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

アトムの子供

c0240195_8364242.jpg
これは「ポテチの手」と言う商品で、
以前夫が日本の友達からプレゼントに貰ったものである。
その名の通り、ポテトチップを食べる為の「義手」。
普通こういうおバカ商品は、
最初の1、2度使って笑っただけで、
すぐに忘れてしまうものだが、
夫は実際大変気に入っていて、
仕事の合間のお茶の時間に良く使う。
基本的に自宅でコンピューターで仕事をしているのだが、
このポテチの手を使えば、
油の付いた自分の指でキーボードを打つことなく
スナックが食べられるからだ。
…手を洗えば済むことだけど(笑)。

中々絶妙なプラスティックの指の力加減で、
脆いスナックを壊さずに挟めると言うだけでなく、
もう一つのボタン操作で、
指に付いた調味料を擦り落とすことが出来るのがミソ。
c0240195_837541.jpg
一応色のバリエーションが幾つかあるそうで、
これは「海苔塩味」をイメージしているそうだ(…なんだかね)。

こんな下らないアイテムは、
普通は造りがチープで、すぐ壊れるものなのに、
造りも機能的にもしっかりしている、
さすがに日本はロボット産業の国だ!
と夫は勝手に絶賛している。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-01-31 15:07

病人食

突然ですが、体調が悪い時に何を食べますか??
日本では、おかゆと梅干と茹で卵、
特に半熟卵…と言う組み合わせが一般的なんじゃないかと思う。
イギリスでは、「チキン・ブロス」だそうだ。
すなわち鶏肉の澄んだスープ。
鶏肉と細かく刻んだ(香味)野菜をコトコト煮込んだもので、
薄味で油っこくもなく(手羽とかは使わない)、
これと炊いた、または煮た米の組み合わせが、
イギリスでは一般的な病人食らしい。

米は日本と共通しているところが、ちょっと面白い。
実は米は消化に悪い!と主張する人もいるが、
イギリスの普段の油っこい重い食事に比べれば、遥かに軽いのは確か。
日本人にとっても(少なくとも私には)、
米はやはり一番ホッと食べ物の一つである。
特に体力が落ちている時は、
そんな食べ慣れた安堵する食べ物こそが有り難い。

そう言えば、愛猫たまちゃんの具合が悪くなった当初も、
獣医から、チキン・ブロス(当然味付けの無い)と
米を与えるように指示された…。

病人食のポイントは、軽く消化に良く、
また咀嚼力が弱っているので流動食に近い程柔らかい、
でも栄養は効率良く摂取出来る食べ物が理想的だろう。
私の場合、風邪を引くと真っ先に喉が痛むから、
喉越しの良さも重要だ。

私は生憎おかゆが余り好きではなくて
(雑炊や茶漬けなら大好きなんだけどね)、
体調が悪い時、日本では良くコーン・ポタージュを飲んでいた。
トウモロコシが世界で一番好きな食べ物だからだが、
特にスジャータの冷たいままでも飲めるコーン・スープが、
滑らかで腫れた喉にも心地良くて、
具合が悪い時にもっぱら愛用していた。
イギリスには、チキン&コーン・スープと言う
ちょっと中華風(?)のスープならあるが、
日本で御馴染みのコーン・ポタージュは存在しない。
当然出来合いのものも、
インスタントのコーン・ポタージュも売っていないので、
クリーム状のコーンの缶詰
(これもアメリカ製か中国製しかない)で、
病身にムチ打って自分で作るしかない。

あと、摺ったリンゴとか、桃缶とか、
小さい頃に風邪を引いた時を思い出す。
看病をしてくれる人が居る場合に限る、
懐かしい有り難い味だ。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-01-30 15:12

昔からフォークロアな私

小学生の頃の私は、
その後の中高生時代からは想像出来ない程、
大の読書嫌いだった。
しかし、伝説や民話、昔話の類には
異様に興味があり(昔から偏執的な性格だった)、
その手の本だけは読み漁った。
やはり、日本の民話に一番惹かれた。
その中でも特に好きな分野は、
猫話と人身御供もの。…何だかね(笑)。

そんな私の子供時代なので、
大好きだったテレビ番組の一つは、
当然「まんが日本昔ばなし」。
「雉も鳴かずば」のような、
「これ本当に子供向けなの??」と
号泣したくなる悲しい話もいっぱいあったし、
夏の怪談特集は、今見ても半端無く怖い。

それ故に、今ネットで、
「ふるさと再生 日本の昔ばなし」
と言う番組を喜んで見ている。
限りなく「まんが日本昔ばなし」を意識しているようで、
同様に3話構成(いや、「まんが~」は2話構成だった?)、
同様に様々なタッチ&スタイルのアニメが登場し、
男女二人のみの語り・吹き替えで進行する。
この二人、松金よね子と柄本明が芸達者で、
市原悦子+常田富士夫に負けない程素晴らしい。
全体的に墨絵のようなタッチだったり、
背景が水彩画やパステル画、和紙のちぎり絵風だったりと、
グラフィックの完成度も高い。

オープニング映像も、CGを多用して今時らしいが○。
ただ、しょこたんの典型的なアイドル歌唱だけは
我慢出来なくて(亡き御父上よりは歌上手いと思うけど)、
毎回飛ばして見ている(笑)。
その点、「まんが~」の雅楽みたいな
不思議なオープニング・テーマ曲は秀悦だった。

「ふるさと再生~」の場合、純粋な昔話だけでなく、
古典落語等からの話も多い。
できれば、「まんが~」のように、
タイトル部分に「○○県の民話」とか
出典を入れてくれると、尚嬉しい。


  
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-01-29 15:12

石入りごはん

念のため、虐待ではない(笑)。
我が家の猫とらじは、ごはんを急いで食べ切り、
その直後に全部吐いてしまうことが多い。
一気に食べ終わらないと、
他猫に食べられてしまう環境に育ったせいだろう。
一方ポコ猫は、ちびちび食べるのが好きで、
案の定とらじに良くごはんを盗まれる。

一気喰いして嘔吐するのは、犬や猫に良くある現象で、
今や専用の「一気喰い防止」のボウルも販売しているらしい。
元々迷路のような溝が付いているもので、洗うのがちと面倒。
と思っていたら、年間検診の折、獣医さんが、
替わりに、飲め込めない大きさの石を良く洗って
ボウルの食べ物に混ぜておくと良い、
とアドバイスしてくれたので、
元旦にセブンシスターズに言った際、
早速海岸で石を幾つか拾って来た。

今のところ、確かに効果有り。
丸いスベスベした石なので、洗うのもラク。
勿論とらじは嬉しくなく、最初は抗議して啼き続け、
仕舞いに仕方なく(空腹に耐えられなく)
食べ始めると言うかんじ…。
そのうち、もっとポコちゃんの食事を
奪うようになるだろう。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-01-28 15:12

白昼堂々

夫が、ネットでダウンロードして
1980年代のゾンビ映画を見た。
タイトルは「白昼のゾンビ」。
…夜間にライティングを用意する予算すら無く、
昼間に撮影するしかなかったから、らしい。
期待した通り、とっても安っぽくて
下らなくて笑えたそうだ。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-01-27 01:12

ああ無情!

映画「レ・ミゼラブル」にちょっと興味があるのだが、
夫はアンドリュー・ロイド・ウェバーの
ミュージカルが大嫌いで、絶対見られそうもない。
後日自分でDVDを買ったとしても、
プロジェクターで上映すらしてくれないだろう。
そもそも「レ・ミゼ」は、
ロイド・ウェバー作ではないんだが。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-01-26 15:13

危険なガソリン・スタンド

ヨーロッパには、私が知る限り
セルフのガソリン・スタンドしかない。
日本のように、スタッフが給油してくれて、
その間に窓を拭いたり、ゴミや灰皿を片付けてくれる…
なんてサービスは全く存在せず、
自分で黙々と給油するのが当然で、
大抵コンビニが付属しているから、
給油後、店内で自分で使用したポンプの番号を申請すると、
レジでは使用量と金額が表示され支払う仕組みだ。

勿論、食い逃げと言うか、給油逃げする輩も居るが、
防犯カメラがナンバープレートを録画していて、
そんな場合はすぐに御用!となるはずである。
しかし、犯罪者の側も更に頭を絞り、
他車から盗んだナンバープレイトを貼り付けて
給油逃げする犯罪も頻繁に起きるらしい。

夜間は、コンビニの防犯の為、
概ね外に面した窓口だけが開いている。
また、コンビニが完全に閉まって無人になっていたり、
元からコンビニの付属していないガソリン・スタンドもある。
その場合、カードで支払いをする。
コンビニが開いていても、
常時カードで自動支払いOKのポンプもある。

我が家から義両親の家に行く途中に、
そんな夜間になると無人になるガソリン・スタンドがある。
安めなので時々利用するが、
通りから奥まっている為、悪漢が影に隠れていて、
いきなり襲って来そうな場所だな…なんて想像する。
と思っていたら、ズバリ「犯罪するな」の貼り紙が貼ってあった。
…やっぱり、頻繁に起きてるんだ~。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-01-25 15:17

時空を超えた漫画

夫は最近、インターネットで
「ブラック・ジャック」のアニメを見ている。
この作品は、今までも何度かアニメ化・ドラマ化
されて来ていると思うのだが、
今回のは、かなり原作に忠実な絵柄。
中々画面は綺麗で、CGも使われていて、
アニメ自体は新しいようだ。

その中で、今やブラック・ジャック先生は、
パソコンも携帯も使うのが、何だか違和感無くもないが、
登場する小学生が足に履いているのは、
スポーツ・ブランドのハイテク・スニーカー風ではなく、
原作通り昔ながらの「児童運動靴」だったりする。
写楽やレオやメルモちゃんなど、手塚キャラ総出演。
私が子供の頃は、原作の生々しい切開部分のドアップを
「うげ~」と思いながら見ていたものだが、
テレビ番組の規制なのか、登場一切ナシ!
血の一滴すりゃ出て来ない(笑)。
「あのターヘルアナトミアな手術シーンがなきゃ、
ブラック・ジャックじゃない」と怒る人もいるだろう。

「これは最近のアニメのようだけど、
絵柄はかなり漫画通りだよ」と夫に言ったら、
「じゃあ漫画は1950年代の作品?」と聞く。
「いや、70年代とか80年だと思う」と言うと、
「え? だってAstro Boy(鉄腕アトム)は
元々50年代の漫画だろ?? その頃と
絵柄がちっとも変わらないじゃないか」と驚いていた。
確かに、その頃としても古風な絵柄と言っちゃあそうだけど、
それが手塚先生のスタイルなんだし、
「漫画の神様」と呼ばれる別格として、
当時から誰も特に気にしていなかったように憶えている。

そう言えば、美内すずえの「ガラスの仮面」も、
30年以上前の連載開始当初から
絵柄はほとんど変わっていない。
「あれはそういう(時空を超えた)特別な漫画」として、
誰も特にがツッ込まないのに違いない。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-01-24 15:18

That's イギリス仕事

夫は、「Map★ineマップ★ン」と言う名前の
大手電気機具・工具・パーツの
メジャーチェーン店を愛用している。
愛用しているというよりは、
大手チェーンしか生き残っていないこの国では、
他に選択がないだけだ。
実際ここで機器類を購入すると、
大体二つに一つ以上の割合で、
欠陥商品、または配送が乱暴で破損する為、
交換する羽目になることが多い。

ある日夫が、スポーツバッグやリュックや
スーツケースを持って掛けようとするので、
家出でもするのかと思ったら(笑)、
最近その店で買った何かの機械が、
三つとも真っ当に働かなかった為、
返品&返金して貰いに行くとのことだった
(駐車場から少し歩かなければならない)。
その内の一つは、全く働かなかったので、
交換して貰ったばかりだったが、
その交換したものも、バクハツして煙を出した(ひえ~)。
他の二つも、火を噴く可能性があると言う。
でも値段は半端なく高い。
もう、幾つ交換しても同じ品質で無駄だと思い、
返金して貰うことにした。

相変わらず「いい加減な中国製品だから…」と夫は言うが、
その店のオリジナル商品で、
当然その店の品質管理の責任である。
日本では、日本で売る限り、
「中国産だからいい加減なんですよ~」
なんてことは、全く理由にならない。

店舗へ持って行くと、煙を出した機械には、
さすがに全額支払ったが、
他の二つは受け取りを拒否した。
なので、これから本社に連絡して、
交渉バトルしなければならない。

アメリカや日本の車メーカーがリコールしたとの
ニュースを度々聞き、「またかよ」と呆れるが、
思えば、リコールするほうが未だ良心的で、
イギリスの多くのメーカーは、
それに相当する欠陥商品があっても、
「大丈夫。問題ない」とガンと非を認めず、
売り続けることが多い(ひえ~ひえ~)。
これを夫は、「典型的なイギリス仕事」と呼ぶ。
こんなネタには、残念ながら事欠か無い。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-01-23 15:13

お国かわれば肉事情かわる

イギリスの大手スーパーマーケットで販売されている
アイルランド製造のハンバーグが、
牛肉100%と表示されているのにも関わらず、
実は馬肉が20%含まれているのが発覚した。
日本でも、国産と偽って輸入肉だったとか、
ブランド牛だと偽ったとか、
賞味期限をチョロ誤魔化したなどの、
肉に関する隠ぺい改ざんボッタクリは後を絶たないが、
違う材料を使ったとは、やはりやることが大胆。

日本では、馬肉を食べるのが当たり前の地方もあり
(義兄の話だと、熊本では普通の肉屋で
桜肉が売られているらしい)、
フランスでも食べるそうなので、
「とりあえず違う肉と言っても食肉ではある」
と思える程度の感覚かも知れないが、
イギリスでは馬肉を食する習慣は全くなく、
まして乗馬が盛んで、馬は日本よりずっと身近な存在。
概ね「馬は大切なお友達!」と
見なされている大の馬友好国なので、
馬肉を知らずに食べていたとしたら、
実は猫肉や犬肉を食べていたのと同じ位
ショッキングなニュースなのだ。

これに伴って、大の男二人が馬の着ぐるみを着て、
問題のスーパーに乗り込み、
ハンバーグ売り場で「ママ~、ママは何処?」と
泣き騒ぐ映像もネットで流れて話題になっているらしい。

とは言え、イギリスではペットのウサギも多いのに、
ウサギ肉は普通にスーパーで売られているよなあ…。

以前、人気のBBCの「トーチウッド」と言うドラマで、
得たいの知れない巨大宇宙生物の肉を
生きたまま剥ぎ取って、
ハンバーグに加工して流通している…
と言うエピソードがあった。
このドラマを見た後、夫婦揃って、
この国ではマジで起こっていそうだとは話していた。

私は馬肉は食べたことはなく、クジラ肉も食べたことがない。
ウサギ肉、鹿肉、イノシシ肉、トナカイ肉など
全く食べたいとも思わないし、
一般的な牛、豚、鶏、七面鳥(イギリスでは)でも、
そんなに世の中信用出来ない肉ばかりなら、
肉は食べないのに限る、と思う。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-01-22 15:01