<   2013年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

イギリスのやんきぃの産地

日本にも、「★★★へ行くと、
今は絶滅危惧種となった”やんきぃ(昔ツッパリとか
不良とか呼ばれた人々)”が未だ沢山居る」
などと言われる場所があるが、
イギリスでも、ロンドンから北東のエセックスと言う州は、
「やんきぃの産地」「ビッチの宝庫」
「頭悪そうなヤツが多い」などと呼ばれる。

「北イングランドはケチで保守的な田舎者が多い」とか、
「南東部の人間は、金持ちぶって気取っている」とか、
「★★★★★★★と★★★★★はアル中ばかり」とか、
イギリス内でも色々他の地方の悪口を言い合うけれど、
その中でもエセックスは、概ね満場一致で評判が悪いと思う。
治安や犯罪発生率で言ったら、ロンドン、バーミンガム、
マンチェスター、ブリストル、ノティッティングガムなど、
私が知る限りでも悪名高い都市は幾らでも挙げられるが、
エセックスは、それらとはまた別に、
とにかくセンスとガラが悪いと言われる。

…何故なのか?? 1950~60年代、
エセックスには、大量のロンドン市民が移住した。
彼等は、元々南ロンドンの貧民屈の、
戦後でも屋内にトイレがないような、
老朽化の激しい設備の前時代的な家に住んでいた。
国と市は、都市の近代化&衛生改善の為、
これらの家々を取り壊し、建て直すことに決定。
そこで、住民に大量の立ち退き金を渡し、
更にエセックス州に新しい家を用意して移住してもらった。

元来貧しい人達は、「清貧」と言う、
それはそれで現在見習うべき点もある、
独自の生活スタイルを持ち続けていた。
それが「成金」となると、どうして世界共通で、
単に趣味が悪くなる一方なのか謎だ。

勿論エセックスには、彼等、
または彼等の子孫だけが住んでいる訳ではなく、
元から趣味の良い暮らしをしている
文化レベルの高い人達も沢山居るはずだ。
イギリスで最も古い、ローマ時代からの大聖堂都市
コルチェスターなども、エセックスには存在する。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-04-30 15:06

男で天然縦ロール

ある夏の日、街の中心部近くで、
目の前を裸足で歩いている若い男を見てギョッとしたが、
その髪の毛を見て更に驚いた。
パツキンでロン毛で縦ロール。
姫ギャルのように、毎朝必死で巻いている程マメには
全く思えず(何せ裸足だし)、
多分天然縦ロールなんだろう。
即座に「ロスマリネみたい…」と思ったが、
やつあ潔癖症なので、
こんなビール瓶のカケラと犬のフンだらけの歩道を
裸足で歩くことは決してあるまい。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-04-29 15:11

これからはヲタ市場の時代?

姉の持論に寄ると、
「オタクは美女を獲得する確率が高い」そうだ。
おいおい、自分のことを美女と言いたいのかよ~、
厚かましいにも程があるにゃ!と呆れたが、
一応自分のことを差しているのではなく、
姉の会社で、こんな可愛い女性が
何故こんなオタク男とゴールイン??
と誰もが(内心)驚く組み合わせがあったらしい。

その女性は、当然もてたのだろうが、
魅力的な女性に常にイイ男だけが言い寄るとは言えないのは、
私でも何件か目撃した覚えがある。
それどころか、返って外見だけに惹かれる、
ダメンズが集まり易いのかも知れない。
その点オタクは、元々好みが非常にハッキリしていて、
女性に対する外見にも内面にも相当拘るので、
これ!と狙いを定めた女性には、意外にも、
今では日本では絶滅危惧種と言われている
肉食系男性並みに一直線にアタックする。
これは、今時のもてる女性にとっても、
かなり新鮮な体験らしい。
(一つ間違えるとストーカーになり易そうだが)
しかもオタクの中には、ずばぬけてマメで誠実な男は多いから、
それが生理的に受け付けられないタイプではない限り、
落ちる女性は結構多い、…と姉は分析してる。

ある女優さんも、テレビのトーク番組の中で、
何人か個性の強い(強過ぎる)男と付き合ったけれど、
オタク君の彼氏が、訳あって別れてしまったものの、
気が利いていて優しくて一番良かったと懐かしがっていた。

日本では、一般的にオタク男は、
女性にもてないタイプの筆頭とされているが、
一つのものに拘り集中し易いのは、男脳の特徴の一つで、
大抵の男は(特に日本人は)、何処かに何かしら
オタク的要素を持っているものだと思う。
これを毛嫌いして、非オタク男ばかりを求めているとしたら、
自ら選択の幅を限りなく狭めることになる。
現実の妙齢の女性と接するのを恐れ、
バーチャルにだけに恋焦がれている真正ヲタは別として、
これからの時代、数多いオタクの中に、
未だ磨かれぬ原石の男の魅力を見出すのも、
女子力の腕の見せ所かも知れない
(…自分で書いていて恥ずかしくなならないか。笑)。

結局、私も外人オタクと結婚した。
残念ながら美女とは程遠いが、
夫は、そんな私を世界一萌え~(爆)と信じている、
どう考えてもこの世でたった一人だけの男である。
オタクを敬遠しなかったお陰で、
この広い世の中で、そういう無二無双の人間に
巡り会えたなんて、有り難いこっちゃ。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-04-27 15:11

適わぬ願い

針仕事、特に人形の服作りが上手くなりたい!
と常々願っているのだが、
SMAPの中居くんが「歌が上手くなりたい」と
思っているのと同じ位、虚しい願いだ…。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-04-26 15:09

捨て羊達の沈黙

こんなニュースがあった。
サセックス(南東部)のとある村の老人が、
ある朝自宅の玄関のドアを開けたら、
見知らぬ羊が20匹、自分の敷地内に居た!
そしてその村近辺には、他にも30匹ぐらい、
合計50匹以上の羊が彷徨っていた。

老人は、その後やむを得ず羊達を預かってはいるが、
維持費もバカにならないので困っている。
本来なら、イギリスの羊は、
耳にシュタイフのぬいぐるみのような、
黄色いIDタグを必ず付けている。
この羊達は、それが全て外されていたので、
迷って来たのではなく、
故意に飼い主に捨てられたらしい。
この春の異常な低温で、農業は大打撃を受けているから、
経済的に行き詰って、羊を捨てたのではないか?
と老人は推測する。
しかし羊達は、草を食むのみで何も語らず(当りメー)、
本当の飼い主は以前謎のまま。

それを聞いて、ローカル新聞で、
不景気と手当て削減で、生活が苦しくなって、
飼い猫を諦めて猫孤児院に預ける人が増え、
つまり保護猫が増えている…と書いてあった(涙)。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-04-25 15:06

可哀想な患者差別

ニュースで、パーキンソン病を患う男性が、
その病状から、アルコール中毒や麻薬中毒患者に間違えられる、
またはそれが原因と思い込まれている
風潮デマがあると訴えていた。

「ひどいねえ。この人は賢く見えるのに」と私は言ったが、
夫は「でもなー、この国はアル中とジャンキーばかりだから
仕方ないよ!」と言い放った。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-04-24 15:11

フィッシュ&チップスは贅沢食?

ある日ラジオを聴いていたら、
二人のDJのうち女性のほうが、
「今はテイクアウェイ(持ち帰り)のフィッシュ&チップスも、
一人前6~7ポンド(1000円位)するでしょう?
家族全員分なんて贅沢で滅多に買えないわよっ」と言っていた。
もう一人の男性のDJが「4人分かい?」と聞いたら、
「うちは6人よ」だって。
4人も子供がいるのでは、外食は勿論、
確かにテイクアウェイでさえバカにならない値段だ。
そもそもテイクアウェイのフィッシュ&チップスは、
所詮ファーストフードの割には高い。

この話を後から夫にしたら、
「そりゃ子供が4人も居る家庭では、
テイクアウェイのフィッシュ&チップスを
一人一人前なんか食べちゃあ駄目だよ。
6人で4人分位で分け合えば十分だ」だってさ。
まあ、その位、量はたっぷりあるんだよね。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-04-23 15:11

イギリスの貧乏食

では、イギリスの本当の貧乏人は、
一体どんなものを食べるのかと夫に聞くと、
昔からの典型的なイギリスの貧乏食は、
「Baked beans on toast
トーストのベイクド・ビーンズ乗せ」だそうだ。
ベイクド・ビーンズとは、
イングリッシュ・ブレックファーストにも登場する、
白インゲンのトマト煮だ(実際にはベイクしていない)。
勿論、元から調理する人など現在滅多におらず、
大抵缶詰を温めるだけ。
これをトーストに乗けったものは、
カフェやティールームでも御馴染みの軽食メニューで、
変に油っこかったり味が濃過ぎor薄すぎることがまずないので、
私は結構好き。でも夫は、ベイクド・ビーンズ自体が大嫌い。
貧乏人は、伝統的に?これを日に三回食べると言う。

そう言えば、先日近所のスーパーマーケットで、
スーパーの独自ブランドの一番安いベイクド・ビーンズと
マカロニ・チーズを、大量にカートに積んだ客を見た。
マカロニ・チースと言うのは、チーズソースの
マカロニ・グラタンに似たイギリスの定番料理だが、
茹でたマカロニが缶詰になったものは、想像するに恐ろしい。
デロデロにふやけているのに違いない。
その客は、三十台前半の男性。
貧乏ではなく、単に料理が不得意で、
尚かつベイクド・ビーンズとマカロニ・チーズが
とっても好きなだけなのかも知れないけれど、
せめてもう少しランク上の缶詰を選んだら良いのに。
イギリスの最安値の調理品の缶詰は、
もはや人体に害がありそうで怖い。

でも実際には、現在イギリスの
永久に生活保護を受けているような家族には、
出来合いの食品とか宅配ピザとか、
結構贅沢なものをしょっちゅう食べている家が多い。
高価な割には、別に美味しくもなく、
かつあえて健康に悪いものを好む。
こういう人達は、排出するゴミの量が、また半端なく多い。
節約するなんて考えもない程怠慢なのだ。
返って年金受給者のように、
かつては真面目に働いたことのある人達のほうが、
しっかり賢く倹約する。
お金を有難さを分っているからだと思う。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-04-22 15:06

我が家の経済メニュー

ミート・スキャンダルに懲りて、
しばらく肉と言えば鶏肉しか食べない我が家だが、
インフレがひどく、胸、モモ、ササミなどの
骨無し鶏肉は、数ヶ月前の1.5倍の値段である。
それで、足や手羽など骨付きの鶏肉を選ぶことが多い。
骨付き鶏肉は、イギリスでは驚く程安い。
特にインフレの影響も受けていないようだ。
骨を取り除くのが手作業で、人件費が高いんだろか??

が、実を言うと私、骨付き鶏肉が余り好きではない。
生姜煮込み、パプリカ・チキン、
コック・オウ・ヴァン、タンドリー・チキンと、
手を変え味を買え(食べ物の)国籍を変え調理するのだが、
週に一度ずつでも続けて食べると飽きる。
やはり骨無し肉のほうが好きだ。
日本では、骨付き鶏肉を調理したことなど一度もなかった。
もっとも、日本ではオーブン料理が余り一般的ではなく、
骨付き肉は火を通すのに時間が掛かるから、正にオーブン向きで、
欧米では日本よりもっと馴染みのある材料らしい。

「うち貧乏で、この所骨付き鶏肉ばっかだね…」と夫にボヤいたら、
夫は骨付き肉料理が大好きなので、一向に気にしておらず、
「イギリスの本当の貧乏人は、骨付き肉なんか食べないよ」と答えた。
確かに、今時のイギリスの貧乏人は、概ね怠慢でもあるから、
骨付き肉なんて手間の掛かるものは、
わざわざ買って調理しないだろうな。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-04-21 15:12

追悼

ボストン・マラソン爆破事件の
被害者の皆さんとその御家族に、
お悔やみとお見舞いを申し上げます。

その追悼記念礼拝の教会での席上の映像で、
チューイング・ガムをクチャクチャ噛んでいる
女性が出席しているのが映っていた。
こんな場でもガム噛んじゃうんかい、アメリカ人ってのは…。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-04-20 15:06