<   2013年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ニッチな需要

今やイギリスでも、売られている電球の中心は、
LED等の節電タイプだ。
そんな中、ワイト島の日用品店で、
「普通の電球あります!」の張り紙を見掛けた。
「これ何の意味あるの?」と夫に聞いたら、
「どんなに説明しても、
使い慣れた古いタイプしか
信用しない年寄りが居るんだよ…」と
ウンザリして答えた。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-11-29 15:07

意味のない長持ち

イギリスのエコ・フェアは、
田舎で行われることが多い。
そうすると客は年寄りばかり
(特に平日開催だと)なんて場合もある。

「LED電球は20年間持ちますよ~」と
どんなに宣伝しても、
「わしら、そんなに長く生きられないから
要らない」と返答されることがある。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-11-27 15:04

アンティークの流行

最近アンティーク&ビンテージ番組を見ていたら、
専門の鑑定士が「今、中国の古美術の値が急上昇していて、
一方日本の古美術は下がって来ている」と言っていた。
もしかして、中国人が買い占めているからじゃ
なかろーか?と疑っている。
中国人観光客は、何処の博物館&美術館へ行っても、
自国のものしか見ない&興味ないと聞くし、
義父の話では、中国人は本当に、
値段が高い美術品ほど価値がある、
良いと信じ込む傾向があるらしい。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-11-26 15:07

オクサレ

c0240195_20361956.jpg
マツコって、「千と千尋」の
腐れ神にも似ているよね。
オクサレ様がジャバに似てるって言うか。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-11-24 15:05

恐乳

チャリティショップで、
カップの一つに私の頭が余裕で入る程
それはそれはでっかいブラジャーが売られていた。
サイズを確認すると、Hカップ。
・・・・・・・・Dカップ以上は、
「アルファベットの歌」を
歌わないと数えられにゃい。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-11-23 15:06

虐待

ちょっと犬猫に服着せただけで
虐待だ!って大騒ぎする人がいるけど
(私も決して好きではないが)、
犬猫自体が嫌がっておらず、危険もなければ、
特に虐待ではないと思う。

ヨーロッパには、自分の赤ん坊の髪染めたり、
ピアスの穴開けたり、
幼児に刺青させる親、多いよ。
これを虐待と呼ばずしてどーする。
逮捕されればいいのに。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-11-22 15:02

恐怖の缶詰

外食文化が本当にひどかった一昔前までは、
イギリスで真っ当なモノを食べたければ、
一日三回「朝食」を食べろ、と言われていた。
この朝食とは、シリアルだけとか
トーストにバター&ジャムのような簡素なものではなく、
料理した朝食(しかもイギリス料理にしちゃ珍しく結構手間かけて)、
すなわち典型的な「イングリッシュ・ブレックファースト」のことだ。
実際美味しく、栄養のバランスも取れているし(カロリーは高いが)、
イギリス人も大好物で、「朝食」と呼ばれるのにも関わらず、
多くのカフェやパブで一日中供給される。

そのイギリス人の大好きなイングリッシュ・ブレックファーストを
家庭で手軽に!と言うことで、
一緒くたに缶詰に入っている商品が存在する。
ベイクド・ビーンズ、焼きマッシュルーム&トマト、
ソーセージ等がまとめてトマトソースの中に
ごっちゃに入っているシロモノだ。
ベイクド・ビーンズのみは、
普段でも缶詰を暖めるだけだからともかく、
イングリッシュ・ブレックファーストは、
出来立てだから美味しいのであって、
この缶詰の味や見た目や食感は、
想像するだけでもトラウマになる程不味そうだ。

そもそも、イギリスにはトマトソースのスパゲティ、
チーズソースのマカロニ等の
パスタ料理の缶詰が沢山販売されており、
中でふやけ切っているのは分かっているから、
とても(イギリス人以外にとっては)食用可能とは思えない。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-11-21 15:03

イギリス人のソウル・フード

イギリスでは、ホーム・パーティと言うと、
手料理と呼べるのはせいぜいサンドウィッチ位で、
後は「パーティ・バイツ」と呼ばれる、
レンジやオーブンで暖めるだけの
出来合いの食品を用意するのみだ。
ミニ・サイズのキッシュとか春巻きとか、
言わば一口おつまみのようなものだ。

このパーティ・バイトに、
イギリス人のソウル・フード、
フィッシュ&チップス版が存在するのを目撃。
本物のフィッシュ&チップスは
とんでもなくデカイ&大量だが、
何せ一口つまみだから、
小さな魚のフライ(どちらかと言えば天ぷらに近い)片に
潰したグリーンピースが乗り
(マッシュィ・ピーと言い、
典型的なフィッシュ&チップスの付け合せ)、
更に一本だけイモのフライが乗った冷凍食品。
そこまで食べたいんかい…と結構衝撃を受けた。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-11-20 15:08

手に負えない言い掛かり

反日感情強まる韓国で、
旭日旗が法律で禁止になったが、
正直言って、私もこれは長年「軍国旗」で、
日本の軍国主義時代の象徴だと思って来た。
昔、弟のクラスメイトに右翼少年がおり
(中学生で軍国主義…)、
このデザインを愛用していたからだ。


c0240195_2391868.jpg
なので、イギリスでこのマークを見た時、目を疑った。
しかも「カミカゼ」。どう見ても旭日旗を元にしている。
この下手な字は、日本人じゃねーなとは分かったが、
どうやらブライトンのサーフボードの店らしい。
それ以前に、公共の場(ワイト島へ向かうフェリー)に、
シールを貼ること自体が不味いんですけど。


c0240195_2312045.jpg
これは、イギリスで普通に売られている
ワサビ豆のパッケージだ。
これが旭日旗に似ていると言われば分かる。
「アジアの軽食」と日本語で書いてあり、
ブランド名も「Hisaki」と日本っぽいが、
勿論日本のメーカーの商品な訳ではない。
そもそも、日本人が考えるにしては、
主義思想うんぬん抜きにしても、
デザインがダサ過ぎる。


c0240195_232813.jpg
そして、これはイギリスのスーパーTESCO
オリジナルの煎餅&アラレのパッケージだ。
アジアっぽさを表現したかったようだが、
「日本の~」とは一言も言っていない。


c0240195_23236100.jpg
そして、今韓国で問題になっているのが、
サッカー日本代表チームの新しいユニフォームだ。
これが多くの韓国人には旭日旗に見えるらしく、
「けしからん」と大騒ぎになっているらしい。
デザインしたのはアディダスなので、
ドイツまでも飛び火し、またもや韓国人は
ドイツ人を「ヒトラーの子孫」呼ばわりして大騒ぎしているそうだ。
(念の為、ヒトラーはオーストリア出身)
これがどうやったら旭日旗に見えるのか…、頭抱える。
旭日旗を連想することすら難しい。
被害意識が強過ぎて、余程視覚が可笑しくなったか、
気がふれたとしか思えない。

面白いことに、同じく反日感情の激しい、
旭日旗に良い印象を持っているはずのない中国では、
「韓国人は妄想が激しいな」
「韓国人は、もう太陽も見れないだろう」と、
このユニフォームが旭日旗に見える訳もなく、
もっぱら嘲笑しているらしい。


c0240195_23104063.jpg
被害妄想に取り付かれたキ★ガイの怖さ&厄介さは、
体験上身を持って知っている。
このユニフォームが旭日旗に見えて駄目なのなら、
多分韓国ではユニオンジャックもNGだろう。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-11-19 15:17

砂糖の取り過ぎ

大人の砂糖の摂取上限は、
一日大さじ6杯なのだそうだが、
イギリス人の平均は大さじ32杯らしい(ひえ~)。

最近はコーヒー党も多いけど、
イギリス人は一日に紅茶を5、6杯と飲む。
これらに砂糖を欠かせない人も多く、
しかも2、3杯と入れるので(特に肉体労働者層)、
そうすると、大さじ6杯なんて軽く越える。
更に、これにイギリスの砂糖の塊のような
クソ甘い茶菓子を食べれば、
一日大さじ32杯も決して大げさではなさそうだ。

最悪なのは、コーラ等のソフトドリンク。
これを毎日飲み続けると、
糖尿病への急行便乗車と言うことになる。
また、低脂肪と書いてある食品には、
味を改良する為に砂糖を一層加えているものも
多いらしいので要注意。
砂糖の取り過ぎは、脂肪の取り過ぎより深刻だからだ。
脂肪は一応後から落とせるが(非常に難しいけど!)、
一度糖尿病になったら治せないってことか。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-11-18 15:04