<   2014年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

パーソナル・スペース

「Personal-space」とは、対人距離のことで、
一個人から見て、他人が(に)近寄った際に
警戒する、不快に思う許容範囲のことらしい。
勿論個人の性格・感覚の差もあれば、
相手の親密度に寄っても異なり、
また社会、民族性や国民性にも寄って大きく違う。

例えば聞くところに寄ると韓国では、
パーソナル・スペースが極めて狭いらしく、
ATM等で並ぶ時、後ろの人が
(日本人からすれば)気持ち悪い位ピタッと寄り添うそうだ。
見ず知らずの人がかなり近付いても許せる訳で、
中国やイタリアでも、これが狭いと聞く。

反対に北欧では、人口密度が低いせいか、
パーソナル・スペースは極めて広く、
バス停等で並ぶ際、これ…行列?と思う程、
間隔を大きく開けるらしい。
その距離、1~2mだとか。

ひどく大雑把に言うと、
例えば空いている電車の中で、
出来るだけ他人と離れて座る人・国は
パーソナル・スペースが広く、
人にやたらベタベタ触っても平気な人・国は、
パーソナル・スペースが狭いと言うことになる
(この場合単にスケベとも)。

と言え、日本の都市部の地獄の満員電車は、
そのバロメーターには全くならない。
あれはパーソナル・スペースどころか、
基本的人権をも無視したもので、
快と思って乗っている人はほとんどいないだろう。

概ね欧米文化では、個人主義が発達している為、
日本よりパーソナル・スペースが大きいと思う。
一方で、スキンシップは盛んで、
知人・友人への許容範囲は広いらしい。

しかし私は、イギリスで暮らしていて、
パーソナル・スペースが
日本と比べて大きく異なるとは、
特に感じたことはない。
世界で真っ当に行列が作れるのは、
イギリス人と日本人(の東半分)だけと
言われているので、
行列の秩序を守るとなると、
保つ間隔の距離は、自ずと共通する気がする。

ところが先日、狭い店内でレジ待ちをしていたら、
前に並んでいたガタイの良いおじさんの、
ゼスチャーが余りにも大げさで、
話ながら腕をぶんぶん振り回し、
その内不意に殴られるのではと危険を感じた。
やはりこの国では、パーソナル・スペースは
日本より大きく保つべきだと痛感した。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2014-11-30 15:10

暴力的なトイレ

ブライトンの公衆トイレに入ったら、
新たに便器に蓋が付くようになっていて、
こんなイギリスではすぐに壊されそうなものを、
何故設置したのかと疑問に思った。

用を足した後、蓋を下げて閉めないと
流水ボタンが現れない仕組みなので、
面倒臭いと思いつつ蓋を閉めた。
(念の為、自宅では必ずトイレの蓋は閉めます)

そして水を流した時、蓋の必要性が良~く分かった。
水の勢いが余りにも激し過ぎて、
蓋をがんがんバウンドさせる程だったからだ。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2014-11-28 15:03

盲目

先日、夫のマレーシアの従弟一家がロンドンを訪れ、
一緒に中華レストランで昼食をとった。

その従弟は、イギリスの大学で医学を学び、
20歳代で博士号をとり、
その後ハーヴァード大学の癌研究所に
請われて勤めていたことがある、
私には想像すら出来ない、とんでもない秀才だ。
彼の妻も、中々の才女だと聞いている。

実際には、結構気さくな感じの良い夫婦だった。
彼らは、その日のうちに
ノッティングガムに行くと言う事で、
結局会食出来たのは一時間位だけだった。

彼らの子供は、4歳の男の子と、
未だ赤ん坊の女の子だった。
幾ら二人とも海外生活に慣れているとは言え、
そんなやんちゃ盛りと乳児を連れて、
ハードなスケジュールで旅行するのは、
夫の家族に言わせれば、
ちょっと気★がい染みているとのことだった。

男の子は、すぐに姪と打ち解けて遊んでいたが、
そのうちレストランの壁の巨大な竜の張りボテに
ぶら下がったり登り始めた。
4歳児としては有り勝ちな腕白さだが、
問題は彼の両親がそれを全く咎めないことだ。
外れて落ちたりでもしたら、当然大怪我になるし、
安っぽい張りボテでも、弁償するとなったら、
結構な金額を払う羽目になる。
ついに堪り兼ねて男の子を注意したのは、
子供の両親ではなく義母だった。

一方、我々にとってショックだったのは、
7歳の姪の体格が、その4歳児と大差ないことだった。
相変わらず偏食が激しく、ほとんど食事を食べず、
栄養をロクにとっていないから、
ほとんど成長が止まっている。
それでも義母は、姪が希望する
アイスクリームやお菓子はホイホイ与える。
幾ら賢い人でも、やっぱり自分の子供や孫には
盲目なんだなあと実感した。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2014-11-27 15:05

レストランの選択

夫のマレーシアの華僑の従弟一家が
イギリスを訪れることになり、
家族一同一緒に昼食をとる予定になった。

義母が、予めレストランを予約しておこうと、
「行き付けのマレーシア・レストランと中華レストラン、
どちらが良いかしら?」と私達に聞いた。

「中華レストランのほうが、駐車場もあるし、
車で行き易い」と言うことにはなったが、
そもそも何故その二択?と、私は疑問に思った。
マレーシア料理も中華料理も、
彼らはいつも自国で食べられるはずなのに。

後から夫に聞くと、
「中国人にとっては中華料理が一番だから、
それで構わない」と断言していた。
まあ確かに、海外の多くの日本料理店と違って、
中華は、世界中の何処で食べても、
ちゃんと本場の味なんだよね…。

西洋料理だと大抵コースになってしまうが、
中華料理なら、自分の好きなものを
好きな量だけ食べれる。
特に小さな子供、年寄りが居る場合は便利だ。
更に、うちには肉抜きダイエットの義弟が居る。
時間的にも経済的にも合理的、
つまり早くて割安って訳だ。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2014-11-26 15:08

始めから頼りないダイエット

義弟(夫の妹の旦那)が、
再び肉抜きダイエットを始めた。
義両親の家で食事をする際、
義弟にだけ別な料理を準備しなくてはならないので、
義母は面倒臭そうだ。

義弟は、前にも一度、母親を癌で亡くした直後、
ベジタリアンを目指したことがあった。
母の癌の原因が、肉食にあると思ったかららしい。

しかし、ベジタリアンを始めると言っても、
鼻から義妹は協力しないことを宣言していたし、
義弟自ら調理しなければならなかったせいか
(料理は得意でないそうだ)、
2ヶ月と持たずに挫折した。

今回は、菜食主義ではなく、
魚はOKの「肉だけ抜き生活」だけど、
やっぱり長続きしなさそう…。

それでも何故(性懲りもなく)再び始めたのか?
単純に、減量したいせいかも知れない。
しかし、肉の換わりに魚のフライを食べていては、
ダイエットにならないだろう。
魚介を大量に摂取しては、
コルステロール値が上がる危険性もある。
夫は、「きっと怖い食物汚染や偽造の
テレビ番組でも、また見たんじゃないか~」と言う。
以前日本でも流行した「買ってはいけない」的な
警告・脅迫番組が、しょっちゅう放送される。

いや、実際食べ物の多くは危ない。
しかしそれを考えると、
一般店舗で売られているどんな食品も信用できない。
何も肉だけではなく、魚だってダイオキシンとかで
汚染された水から採れたものかも知れないし、
野菜だって、農薬で汚染されまくっている。
有機栽培と書いてあっても、
真実だと誰が証明出来るだろう?
疑い始めればキリがなく、
自宅で野菜を栽培し、魚を養殖し、
家畜を飼わなければならなくなる。

確かに、ハム・ソーセージ等の加工肉や、
肉を使用した出来合いの料理は、相当ヤバい。
現に、冷凍ラザニア等の加工食の主原料が、
実は牛肉と偽って馬肉だった偽装事件が、
ヨーロッパ中を騒がせたばかりだ。
(欧米のほとんどの国で馬を食用する習慣はない)
脂身の量とかの質や日付も疑わしいし、
使用原料自体が怪しいだけでなく、
調味料や油の使用量が半端ではないから、
こういうものを大量に日常的に食べ続けたら、
確かに健康を害し兼ねない。
加工肉は塩分が多いので、大量に食べると、
実際大腸癌を起こす可能性を引き上げるそうだ。

しかし、普通に売っている肉の、
出来るだけ質の良さそうなものを選んで、
自分で調理して、沢山の野菜と共に食する分には、
菜食主義や肉抜きなどしなくとも、
十分健康的なはずだ。

実際私は、肉を余り必要としない
(決して嫌いな訳ではない)、
美味しい野菜さえ食べていれば当分満足な人間なので
(魚介も好きだがここでは高い)、
義両親の家では、実は少ししか肉は食べていない。
しかし、義母はいつも野菜もたっぷり用意するから、
肉を少しだけ食べて、
後は野菜をガッツリ食べればOKなのだ。
これなら、義母の手を一層煩わせることもない。

ところが、こういう食生活は、
どうも一般的な欧米人には非常に難しいらしい。
そもそも野菜嫌いが圧倒的に多く、
付け合わせを単なる飾りとしか思っておらず、
仕方なく食べている人も多いようだ。
野菜の食べ方自体が、欧米の多くの国で、
サラダか付け合せ位しか存在せず、変化に乏しい。
特にイギリス人の多くは、
「メインの肉料理+付け合せの野菜」と言う図式を崩すと、
途端にレパートリーが激減し、
夕食の献立の設定に途方に暮れると思われる。
そして根本的に、一般人の健康に対する意識や知識が、
日本に比べて大幅に遅れていると痛感する。

その為、菜食主義やビーガンと言う極端な例に走るしかなく
(勿論人に寄っては思想的な意味もあるのかも知れないが)、
すぐに挫折するか、もし長続きするとしたら、
他人の近寄り難い、宗教臭い
超越した人になってしまう場合が多い。

重度の食物アレルギーでない限り、
一口でも食べるとたちまち害になる、
と言う「食品」はほとんど存在しない。
糖尿病患者だって多少の糖分は摂取出来るし、
高血圧でも少しは塩分は取らなきゃならないし、
通風持ちも少量ならビールを飲んでも平気だ。
しかし、どんなに健康的に優れた食べ物でも、
量をとり過ぎたり、
そればかり食べているのでは問題を起こす。
やはり、出来るだけ多くの食材を
体調・体質に合わせて、
バランス良く摂取するのが一番だと思う。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2014-11-25 15:06

イギリス人も試してみたい

うちの近所のスーパーの酒売り場では、
前からサントリーのウィスキー「響」が売られている。
夫と二人で、「こんなに値段が高いし、
イギリスで日本のウィスキーを買う人なんて、
一体何人居るんだろう?」と眺めていた。

「山崎」が世界一のウィスキーに選ばれた次の週に、
その売り場を再び覗いてみたら、
「響」は全て売り切れていた。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2014-11-22 15:10

成金商売

何度も言うが、最近のイギリスのお金持ち寄宿学校は、
ロシアと中国の成金の子供でいっぱいだそうだ。

こういう寮学校は、大抵休暇中は、
生徒を全員追い出して締め切ってしまうものらしい。
夏休みやクリスマス休暇など、
まとまった長い休みなら、
なんてったってお金持ちだから、
当然自国の親の元へ帰るが、
問題は、「ハーフタイム」と言う、
イギリスの学校でほぼ2ヶ月毎にやって来る、
1週間程度の休みの場合だ。
(ほんと休み過ぎ)
いちいち帰国するのには短過ぎるが、
かと言って、イギリスに親戚が居るか、
(親の)友人家族の家にでも厄介にならない限り、
ホテルに滞在するしか居場所がない。
しかも最年少だと未だ11歳だから、親は心配だろう。

そこで最近は、ハーフタイムの間、
ロシアや中国の金持ちの子供を預かりまっせ、
と言う、専用里親の新商売があるらしい。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2014-11-21 15:10

ファンシー・ドレスの悲劇

ハロウィーンの翌朝のニュースで、
とあるテレビ・タレントの娘が、
ファンシー・ドレスを着ていた時、
キャンドルの炎が引火して
大火傷を負った、と報道していた。

この日の昼、ラジオを聴いていたら、
あるリスナーが、「今日は私の同僚のお葬式で、
彼女もそのタレントの娘同様、
ファンシー・ドレスを着ていた時、
キャンドルが燃え移って死にました(涙)」と言っていた。

恐らく、この手の事故は、
死亡にまで至らないものを含めると、
かなり多くイギリスで発生しているものなのだろう。

ファンシー・ドレスとは、仮装用のドレスのことだ。
市販品は、大抵それ一枚だけをスポッと被れば、
その役に十分見える!と言う便利な代物である。
言わば、衣装のハリボテ。
看護婦、スッチー、ミニスカ・ポリス等の、
仮装の定番?は勿論用意されているし、、
映画・TVの人気のキャラクター物も大抵揃っている。
実際には複雑で高価な衣装を、
安価&安直に表現してるのだから、
素材は大抵ぺらっぺらのポリエステル等の
非常に燃え易い化繊生地で出来ている。

ハロウィーンだけでなく、
イギリスではファンシー・ドレスの
パーティーが頻繁に行われ、需要は高い。

一方、キャンドルの人気も非常に高い。
灯りそのものの雰囲気が良いし、
香りのあるものはアロマ・テラピーに効果的と言う訳だ。

しかしイギリスのパーティーと言うと、
飲んでバカ騒ぎするのが常で、
不注意にキャンドルの火が付いても可笑しくない場面は、
幾らでもあるだろうと簡単に想像出来る。

ファンシー・ドレスとキャンドル、
どちらも悪くはないけれど、
両方同時に楽しむのは止めましょう。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2014-11-19 15:17

もののけ

スーパーで買い物をしていたら、
3歳位の女の子が、
本当に何の前触れもなく唐突に、
例の耳をつんざく金切り声
「キィィィィィィィ」と叫び始めた。

すぐさま、母親が「どうして叫ぶの!
やめなさいっ」と注意した。
夫は、そういう黄色い声を上げる子供が
イギリスにやたら多いのは、
誰も気にせず止めない文化のせいだ、と言っていたが、
気に障って注意する親も、
イギリスにも居るんだな…と分かった。

それじゃあ一体何故、あんな風に突如
悪霊か何かに捕りつかれたように、
イギリスの子供は叫ぶのだろう。
やっぱり何か遺伝的な精神疾患??
[PR]
by piyoyonyonyon | 2014-11-18 15:07

流行りものに手を出す

おにぎりって、大好きな食べ物の一つで、
お弁当としてでなくとも、
家で作って食べたりする程だ。
しかし、単純でカジュアルな食べ物の割には、
作る場所を取ったり、洗い物が多かったりで、
意外と結構面倒臭い。

そこで、流行の「おにぎらず」が、
手を汚さず作れると言うことで、
早速飛び付いて作ってみた。

…もぐもぐもぐ。
うーむ、きっとこれは、
周りにぎゅぎゅっと塩を揉み込まない分、
具をかなり沢山入れないと駄目なんだよね。
海苔の食感も、すぐに食べる分には、
普通のおにぎりのほうが美味しいなあ…。

と言う訳で、用意する時間のない時の
携帯には便利なんだろうけど、
やはりおにぎりのほうが
数段美味しいと感じました!
もし誰かの美味しい「おにぎらず」を
食べる機会が実際にあったら、
また自分で作ってみる気が起きるかも知れないが。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2014-11-17 15:05