<   2015年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

憧れ

日本の可愛いハロウィーンが羨ましい。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2015-10-31 15:05

イギリスのハロウィーン料理

日本のハロウィーンには、
黒猫や魔女やジャック・オー・ランタンなどの
ハロウィーン・モチーフが、
可愛く表現されたお菓子が沢山販売され、
味もカボチャや秋らしい食材を使用して
魅力的だったりするが、
英国(多分本場米国も)のハロウィーンには、
半端なくグロい食べ物が登場する。

これらは、スーパー・テスコの
無料料理雑誌に掲載されていた、
「ハロウィーン・パーティの御馳走」の一部。

墓場トライフル
c0240195_1840348.jpg

トライフルは、普通はスポンジやカスタード、
生クリームや果物を重ねた、
切り分けて食べる巨大パフェのような
イギリスの代表的なデザート。
これは、気持ち悪い蛇型のグミ菓子を
ジェリーで閉じ込め、わざわざ透明な容器に入れ、
墓の下の断面が見えるように作られた点に、
工夫が滲み出てている。

フランケン・シュタイン・パンチ
c0240195_1840381.jpg

日本の昔のメロン・ソーダのような
着色料たっぷりの液体に、
レイチの中にブドウを詰め込んで
眼球を表現したものが浮いている。

この他、「(切断した)指のホットドッグ」、
ゾンビ・ジンジャーボーイ・クッキー
脳みそクッキー」なんてのが紹介されていた。

キモイってだけではなく、
味も半端なく不味そうで怖い。
見た目は楽しいが、食べ物の最重要素の一つである
「食欲をそそる」と言う観念が欠落している。
食べ物に対する侮辱のような、
イギリスならではの感性だ。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2015-10-30 15:03

放射能パニック

古物番組を眺めていると、
どう見てもウラン・ガラスだと
思えるアイテムが、度々登場する。
後からネットで調べると、
全く同じものがヒットして、
確かにウラン・ガラスなのだが、
番組中では決してウラン・ガラスだとは紹介しない。

ウラン・ガラスとしたほうが、
価値が上がるはずなのに、何故なのだろうか?
夫に聞いてい見ると、多分「ウラン」と聞いただけで、
そんな危険なものを!とパニックになった視聴者から、
抗議が殺到するからでは?とのことだった。
(しかし「ワセリン・ガラス」とすら紹介しない)

実際には、バナナやブラジル・ナッツや
御影石等の身近なものからも、
相当量の放射性物質を発するし、
飛行機で長距離を移動したり、
歯医者でレントゲンを撮るほうが被爆する。
放射能とは別に、危険性だけで言えば、
庭にトリカブトを植えているほうが余程怖い

しかし、パニック状態になった人は、
正しい知識も冷静な判断も受け入れられない。
放射性物質は目に見えない、
実態の掴めないものだけに、
一度恐怖に打ちのめされたら、
簡単にパニックに陥ってしまう。

丁度、震災直後の、福島県民と言うだけで、
放射性物質に感染すると誤解され、
差別された現象がソレだ。

以前、部屋に夜光性のシールを飾っていた時、
当時の彼氏が、シールには放射性物質が
含まれているんじゃないかとパニックになって騒ぎ、
今時そんな危険なものを生産する訳がなかろうと、
理解させるのに一苦労し、心底ウンザリした。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2015-10-28 15:10

台風の名前

アメリカ大陸のハリケーンには、
「カトリーナ」だの人名が付けられるが、
この度、ヨーロッパのハリケーンにも、
そう言った固有名詞を付けるらしい。

と言っても、ヨーロッパで
ハリケーンの被害に遭うのは、
7、8年に一回程度なので、
「○○○○年のハリケーン」と言えば、
十分通じている。

東南アジアの台風にも、
数年前から人名を付けているが、
日本ではとんと定着しない。

従来通り「台風○号」と、通し番号で呼んだほうが、
「今年は早い」とか「今年は多い」など、
通年と比較がし易い為と思われる。

また、日本語には馴染みのない名前なのが、
日本で浸透しにくい理由なのかも。

これを、例えば日本人にも憶え易い、
「マツコ」だの「アッコ」だの
日本の名前にしてみたとする。

「今回の台風マツコ、巨大だな~」
「台風アッコの暴れっぷりったらないよ」とか、
それなりに憶えられそう。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2015-10-27 15:05

日没する処の天子

中国の習近平国家主席が来英し、
英国に原発を建設することを始め、
経済関係を強化して行くことを
正式に契約したニュースは、
英国内だけでなく、日本を始め
海外でも大きく報道されたようだ。

c0240195_2338132.jpg

イギリスでは前々から決まっていたことだから、
とりたて誰も驚きはしなかったが、
他国の王族でもないのに、
異例にエリザベス女王自ら出向いて
バッキンガム宮殿に招き、
政府も尻尾を振っている没落ぶりに、
改めて屈辱を感じている国民は少なくないようだ。

中国では、「英国女王が我等の皇帝に膝まづいた」とか
「アヘン戦争の復讐だ」と騒いでいるらしいが、
キャメロン英首相にとっても
美味しい取り引きのはずだから、
復讐にはならんだろうよ。

ただ、「イギリスには、最早何かを建設する
金も技術もない」と言う屈辱的な事実を、
世界中に知らしめる結果とはなった。

アメリカは、飼い犬だったイギリスが、
敵国中国と仲良くすることを
プンスカ怒っているようだ。

その上、中国の安い鉄鋼のせいで、
イギリスでは大量の失業者を出すのだから、
中国と取り引きすることが、
単純に英国を潤すばかりとは考え難い。
金持ちに取り入って喜んでいるのは、
政府だけのようだ。

実際「世界の粗悪品工場」の中国製の原発ってどうなの?
と不安がる人は、英国にも多いだろうが、
中国バブルが崩壊し始めた今、
中国政府の安定自体を危ぶむ声もある。

イギリスも、ダライ・ラマを支持する
チャールズ皇太子が即位したら、
中国との蜜月は終わるだろう。

因みにイギリスでは、習主席の滞在中、
人権侵害に対する抗議活動が、
かなり激しく行われていた。
中国で報道されるはずはないが、
日本では紹介されたのだろうか?
デモに参加した中国人が、帰国する際、
政府に寄って消されないことを祈るばかりだ。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2015-10-26 15:06

インテリ・コメディショー

イギリスの国民的なコメディ・グループ、
及びその番組である「モンティ・パイソン」に、
ブライアン・コックス教授
スティーヴン・ホーキング博士が出演している。
勿論本人達である。

コックス教授が屋外で講義していると、
背後からホーキング博士が
例の電動車椅子で暴走して来て、
コックス教授を跳ね飛ばし、
ついでに本人も宇宙に舞い上がると言うギャグ。

元々ホーキング博士は、
モンティ・パイソンの大ファンなので、
この出演を即答で快諾したらしい。

モンティ・パイソン自体も、
実はオックスブリッジ卒のインテリが多い。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2015-10-25 15:04

暴動が得意なお国柄

7、8年前から、公共の建物の室内では、
厳しく全面禁煙にしているイギリスで、
今になって、刑務所内でも禁煙になった
(イングランドの一部とウェールズの全ての刑務所)。

何故、寄りによって犯罪者には甘いのか?
と聞けば、もし刑務所を禁煙に指定すると、
何せ文字通りの掟破りの手に負えない人達だから、
受刑者達が怒って暴動を起こし兼ねないかららしい。

因みに、受刑者の喫煙率はやっぱり高くて、
8割にも及ぶそうだ。

同じ理由で、イギリスの刑務所では、
色々なことが、返って一般社会より甘い。

例えば、刑務所の食事は結構恵まれていて、
少なくとも、イギリスの一般的な
学校給食よりマシだと言われている。
余り不味いと、暴動を起こすからだ。

こんな人達だから、服役しても、
反省・更正するはずがない。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2015-10-25 15:03

義体化

「攻殻機動隊ARISE」舞台版の
役者さん達のなりきりぶり、
二次元を3D化再現ビジュアルがすげー。

特に荒巻は、江守徹の「海原雄山」、
野際陽子の「月影先生」のレベル。

バトーとボーマは、やっぱり
あのフジツボを目にくっつけて
演技するのか…。大変だな。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2015-10-24 15:08

デブ猫の祟り

夜中に、腹痛で目を覚ました。
薬を飲んだが、しばらく痛みで眠れなかった。

やっと薬が効き出し、うとうとし始めた矢先、
腹部に耐え難い重苦しさを感じた。
しかもゴロゴロと聞こえる。

私の腹の上には、
幸せいっぱいそうな太った猫(ポコ)が。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2015-10-23 15:11

マリー・アントワネットは正しい

最近のイギリスの、サンドウィッチやバーガー等
パン物のレシピを見ていると、
イギリスの伝統的なパンではなく、
「ブリオッシュを使え」と書いてあるものが多い。

確認していないけど、
食パン型のスライスするブリオッシュ、
またはバーガー・バンズ型の
ブリオッシュが今は存在するらしい。

正に、「パンが食べられなければ、
ブリオッシュを食べれば良い」と言う訳だ。
ただし、この「パンが食べられない」は、
貧しくてパンが買えないのではなく、
不味いからってことだけど。

やっぱりイギリス人も、
「イギリスのパンが余りにも不味い」
ってことに気付き始めたか…。

でも、ブリオッシュはバターや卵や牛乳たっぷりで、
どちらかと言えば菓子パンに近く、
食事には余り合わない気がする。

ブリオッシュじゃなくとも、
やはり普通にスーパーでも売っている、
フランスのバゲットやパン・ド・カンパーニュ、
イタリアのパニーニやチアバッタ、
ポーランドのライ麦入りパン、
ベーグルやピタでも、
サンドウィッチは十分美味しく作れる。
要は、イギリスのパン以外なら美味しい。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2015-10-21 15:06