<   2017年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

縮みんふれーしょん

先日のイギリスのトップ・ニュースは、
スーパー等で販売されている一般的なチョコレートの
値段自体は変わらないものの、
どんどんサイズが小さくなって来ていると言うものだった。

EU離脱決定以来のポンド安、不景気、インフレで、
原料費の値段が高騰しているからだ。
こんな現象を、「shrinkflation」と呼ぶらしい。




[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-08-31 15:05

回れ回れ

現在イギリスのフリマで、
ハンドスピナーの偽物が
あちこちで売られている。
この夏だけが稼ぎ時!




[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-08-30 15:05

絵文字

「Emoji」と言う単語が、
すっかり英語圏を中心に定着している。
この夏は、「エモジ・ザ・ムービー」なる
映画まで公開されている。
(見る価値の全くない、
安っちいクソ映画に違いない。
実際クソも出演しているし)

「Emoji(絵文字)」は、顔文字のことで、
一昔前は、英語では「smiley」と呼ばれていたが、
スマイルや顔の表情だけじゃなく種類も増えた為、
エモジと呼ばれるようになった。

しかしこの単語、多くの英語ネイティブが、
今だ「emotion(感情)」が
変化したものだと信じている。

先日、BBCのニュースで、
エモジ翻訳家なる人物が登場し
(夫は、もっとちゃんとした仕事持てよ!
とテレビに向かって言った)、
女性ニュース・キャスターが、
「エモジの中に、茶色い三角形のような形に
顔の付いた物がありますが、
あれはもしかして大便なのですか?」
と真面目に質問していた。

その茶色いエモジに、蝿が群がっている
動画付きのも存在するよね…。




[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-08-29 15:03

上には上が

9歳年下の旦那様を持つ友達に、
「今度のフランスの大統領マクロンは、
奥さんが24歳年上だってよ~」と話したら、
「うーん、…年上にも程がある!」と呆れていた。




[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-08-28 15:05

開放感

今回夫をイギリスに残して、私のみの帰国で、
正直言って夫には申し訳ないが、
英語を喋らなくて済むのって、
本当に何てラクなんだ~!!と実感した。

ビデオチャットで、ほぼ毎日一回は
夫と話していたから、
英語を忘れる程ではなかったが、
単に家族を喋ったり、
ちょっとその辺に出掛けただけでも、
夫に一々英語で説明しなくて済むのは、
本当に拍子抜けする程楽チンだと感じた。

普段、夫に英語で話すことを、
そんなに負担に感じている訳では当然ない。
でも、日本語だけで済む、この開放感ったらない。

話の合う夫と英語で会話することさえ、
実はそうなのだから、
他人と話すことは相当疲れる。
元々誰とでも気軽に話せる性格ではなかったが、
専業主婦と言う引きこもりとなった今では、
見知らぬ人と英語で話すのは骨が折れる。
特に、人種の坩堝で方言を直さないイギリスなので、
人に寄っては、「これ本当に英語なのか?」
と思える英語を喋る人も多い。
(日本人にも、たまに非常に理解しにくい
日本語を喋る人が居ますが)。
気の進まないイギリス生活で、
もう本当に自分はすっかり対人恐怖症に
なってしまったのではないかと、
すっかり自信を失っていた。

しかし、今回日本に一人で帰って、
母国語だけで暮らせることが本当に楽なことと、
自分の社会性が未だ大丈夫らしいことに安堵した。

英語と日本語では、単語や文法が違うだけでなく、
発音する際の使用する口や舌の筋肉や、
脳みその使い方まで異なると実感する。
日本では寝付きの悪かった私が、
イギリスでこんなに寝付きが良過ぎるのは、
英語で自覚なく頭が疲れているせいかも知れない…(笑)。




[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-08-27 15:08

演説力と会話力

リカちゃん人形50周年展で、
義妹が地方テレビ局のニュースでインタビューされ、
焦って緊張してほとんど答えられなかった為、
次の日位までも落ち込んでいた。

「こんな時、おとーちゃん(義妹の夫。つまり私の弟)や、
お義父さん(私の父親)だったら、
堂々と上手く喋れるのになあ~」とボヤいていた。

そりゃ弟や父は、教師&元教師で、
毎日大勢の前で喋って来たのだから、
人前で喋るのは慣れている。
結婚式のスピーチとかもお手の物だ。
加えて、我が家の男達は元々お喋りだ。
こういう演説力には、
性格的な要素も大きく物を言う。

とは言え、一方的にスピーチ・講義するのと、
相手が居て会話するのとでは、また能力が違う。
日本の政治家を見ていると、
さすがに大勢の前で堂々と演説は出来るものの
(中にはそれも怪しいのが居るけど)、
内容は問題発言・失言だらけだったり、
会話に至っては成り立たないのがいっぱい居る。

楽しい上手な会話とは、あくまでキャッチボールだから、
相手が受け取り易い球を投げなくてはならない。
幾ら投手として優秀だからって、
超剛速球やキレ抜群のフォーク・ボールを投げては、
相手が受け取れず会話が長続きしない。
相手も、球をキャッチするのが全く下手では駄目だし、
すぐに受け取り易い球を返さなくてはならない。

私の母も元教師で、誰にも気軽に話し掛けるが、
何せ感覚が独特な人なので、
とんちんかんな発言を良くするし、
度々話が通じず、実の娘でも苦労する。




[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-08-26 15:05

同じドール・ファンでも

姉は、元々主にバービー人形のピンク・レーベル
(大人のコレクター向けライン)を集めて来たが、
今はmomoko dollに夢中である。
ジェニーやリカちゃんにも、一応理解はある。

だが、姉は、ブライスはバランスが異様過ぎて苦手。
同じく巨頭人形のプーリップやダルも駄目だそうだ。
(おでこちゃんだけは、子供だから?平気みたい)

えっくす☆きゅーとや、DD等のアニメ顔人形も嫌い。
意外やmomokoの妹分rurukoも、
顔がロリ過ぎて好きじゃないそうだ。

姉は、SDも一体持っているが、
ファン層が高飛車で宗教持ちみたいで気味悪いから、
交流したくはないらしい。

私は、ブライスは好きだがな~。
一番好みに合う服装の似合うのが、ブライスだから。
アニメ顔人形や、オビツろいども平気だ。
SDは経済的に手が出んわ。
返って、ブラッツやモンスター・ハイのような、
顔が下品で中途半端な頭でっかち、
と言うか体が貧弱過ぎは苦手。
何故ワンダーフロッグで着せ替えしたくなるのかは、
姉も私も全く理解出来ない。




[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-08-25 15:07

晋三を捧げよ

ささーげよーささーげよー
しーんぞおおおをささーげよー♪
と歌っていたら、姉が
「安倍晋三なんて、巨人に捧げちまえ!」
と言った。

…靖国神社に奉納してみては?




[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-08-24 15:07

プレゼンテーション能力

イギリス人で(珍しく)素晴らしいと思うのは、
どんな人でも公衆で物怖じせず
堂々と発言出来ること。

現在Youtube等のネットの利用で、
誰でもメディアに出演出来る時代にはなったが、
自作自演して故意に目に触れるマイナー・メディアと、
否応無しに目に入って来る事もある
TVのようなメジャー・メディアとでは、やはり訳が違う。

日本だと、一般市民と露出慣れした著名人では、
喋り方や発声まで違い(見た目もあるが)、
大抵一発で区別出来る。
しかしイギリスでは、その区別が難しい。

例えば、突然路上インタビューされた一般人でも、
全く躊躇&恥ずかしがることなく、
大抵スラスラと答えられるし、
ニュース番組に請われて出演している素人でも、
ほとんど堂々と発言している。
古物番組なんかを見ていても、
最初から会話を聞いていない限り、
どっちがプロの鑑定士で、
どっちが骨董品を持ち込んだ一般人なのか
分からなくなることがある。
その位、素人でもカメラの前で落ち着いて見える。

イギリスのテレビ等でインタビューされて、
モジモジして中々答えられないのは、
せいぜい7、8歳以下の子供位しか居ない。
(しかしニュースでは、明らかにその辺の子供より
数段賢い子供を選んでインタビューするが)

姪の話では、9、10歳位から、
学校でディベートの授業があるそうだ。
そうやってイギリス人は、子供の頃から
公の場で人と議論する訓練が行われ、
度胸や発言力や自己表現力が養われるのだろう。

はたして欧米人なら皆そうかと言えば、
ハンガリー人の友人に寄ると、
イギリス人は特別なのだそうだ。
以前夫がBBCの番組に出ている映像を見せたら、
俳優みたいに堂々としていると驚いていた。
まー彼の場合、元々性格も社交的だけど。

英語と日本語の構造上の違いだけでなく、
話す事の文化自体の違いを痛感する。



[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-08-23 15:10

イギリスを走るJR

先日、主にロンドン~リヴァプール間を走る
イギリスの鉄道「ウェスト・ミッドランズ」の運営権を、
JR東日本(と三井物産ともう英一社)が
英国運輸省から獲得したニュースを聞いた。

夫にそのことえを話したら、
「じゃあウェスト・ミッドランズの
運行サービスが改善されるのかも!」と一瞬喜んだ。
実際、JR東の首都圏での混雑をこなす
システムの優秀さが見込まれたそうだ。
本当にイギリスの鉄道でも日本並みになれるのなら、
うちの地域を走る「サザン・レイル」も
この際JR東に変えて欲しいもんだ。

だが、日本の鉄道が正確・優秀なのは、
システムの良さだけではない。
鉄道スタッフの勤勉さや、
長年の涙ぐましい努力や苦労の賜物だ。
それを、イギリス人がこなせるとは思えない。
実際イギリスの鉄道の駄目な理由の一つが、
労働者がロクに働かない割に
労働組合の主張だけが強過ぎるからだ、
と夫は付け加えた。




[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-08-22 15:06