<   2017年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

クソミソ一緒

生意気盛りの姪が
「テレビってcrap(クソ)ばっかり!」
と言ったので、
「そうだね、本当に
shit(クソ)ばっかり」と答えたら、
隣で夫から「こら、shitなんて、
子供の前で使う言葉じゃないよ!」と怒られた。

…んん? crapはOKでも、
shitは子供には駄目なのか??
poo-pooと言えば良かったのか?
私は、英語のその辺が良く分からない。

もっとも、日本でも友達から
「女性はクソなんて言うもんじゃないよ」
と嗜められた。
私は口が悪い。



[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-11-29 15:08

福を運ぶ男

ある日近所の住宅街を歩いていたら、
金ピカの大きな「福」という字のレリーフを
抱えた中国人男性とすれ違った。

中華ホカ弁屋の装飾でしょうか…。




[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-11-27 15:03

吼えるオヤジ

イギリスでは、回収してくれない種類のゴミは、
各自リサイクル・センターに
持って行かなければならない。

リサイクル・センターに行くと、
家電、タイヤ、植物、木材、一般ゴミなどに分類され、
ポスト式にゴミを押し込むだけの窓口もあれば、
「スキップ」と呼ばれるでっかいコンテナーに、
自分でゴミを投げ入れなければならない場所もある。

土木ゴミ用が、このスキップで、
かなり重い物を持ち上げなければ
ならないので、毎回苦労する。

その土木ゴミ用スキップに、
前庭に花壇を作る際、
掘り出した粘土を捨てていたら、
隣でおじさんが、大きなコンクリの塊を
自家用車から運んで幾つも捨てていた。

物凄く重いものだから、投げ入れる度に
思わず「うおっ~~」とか叫んでいた。
ガタイの良い西洋人男性の声なもんで、
これまた物凄くデッカイ雄叫びで、
恐ろし面白かった。




[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-11-25 15:08

かっぽてぃ~

先日、ベネディこと
ベネディクト・カンバーバッチ主演の
単発ドラマがあった。

そのドラマの中でラブシーンがあり、
コトの済んだカップルが、ベッドの中で
「…お茶(当然紅茶)でも飲もうか」と
言い出す台詞があったのには、
シリアスなシーンなのに、
見ていた家族一同爆笑!!

(どうでも良いが、
「シャーロック」の影響が強過ぎて、
ベネディには普通のパパ役が似合わんな…)

以前イギリスで手術を浮けた際、
二回とも術後にお茶が出されて驚いたが、
…イギリス人って、本当にいつでもどこでも
カッポティー(一杯のお茶)を
飲まないと気が済まないんだな。

ハリウッド映画で、
良くイギリスを本拠地にして
撮影することがあるけれど、
イギリスのスタッフはお茶ばかり飲んで、
仕事があまり捗らない、
とアメリカ人俳優が苦情を言っていた。



[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-11-23 15:05

あたい、あなたに会いたい

UA(ウーア)の随分昔の歌に、
「赤いあなた」と言うのがある。
テンポのゆっくりした単調な一曲は短いのだが、
これが延々と7~8番位まで繰り返され、
伴奏もひたすらCメイジャー(つまりドミソ)が続き、
じわじわと狂気を感じる歌である。

会社で聴いていて、
皆一同に「この曲ヘンだ」と思ったらしく、
しかも誰も歌詞を聞き取れなかった為に、
「一体何て言ってるのか?」と盛り上がった。

どう聴いても「あたい、あなたに会いたい」に聞こえるのだが、
「あたい」はねーだろと思いつつ…、
UAなら有り得るかも、と言う結論に至った。

結局ググッてみたら、「あたい」ではなく
赤いあなたに会いたい」だったのだが、
これも十分訳分からんちんで、
誰も正確に聞き取れなくて当然だ。
こんな意味不明な歌詞が、
延々と8回位続くのだから、
頭おかしくなりそうと感じたのも不思議ではない。






[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-11-04 15:05

キモイ空

先月の中頃、大型ハリケーンがイギリスを襲った。
…と言っても、直撃するのは
北アイルランドとスコットランド西部だけで、
私が住んでいるイングランド南東部は、
快晴との予報だった。

ところが、正午が近付くと、
空は晴れるどころか、
予報に反してどんどん暗くなって行った。
もしかしたらハリケーンの進路が突如変わって、
こちらにもやって来ると言う事なんだろうか?

2時頃になって、改めて外を見た時、ギョッとした。
まるで夜のように暗い!
実際、夜になると自動的に点灯する
庭の太陽光熱電灯が、既に灯っていた。

そして、単に暗いだけではなく、
異様に空が赤い。
真冬のイギリスであれば、
2時代から既に日が傾き、
夕焼けっぽくなり始めるが、
当然その頃の日没は、ずっと先の6時頃だ。
そもそも、黄昏時とはまた違う赤さだ。

こんな空、何処かで見た記憶が…。
そうだ、皆既日食の時に似ている。
昔の人々は、日食を
天変地異等の何か不吉な前兆と恐れたらしいが、
それを納得せざるを得ない、
非常に不安にさせられる気持ち悪い天気だった。

そして結局、そんなに暗くなったのにも関わらず、
雨は一滴も降らなかった。
この異様に暗くて赤い空は、
翌日の午前中位まで続いた。

後にニュースで、この現象は、 
ハリケーンの影響で、遠くアフリカのサハラ砂漠から
赤っぽい砂が大量に運ばれて来た為、と説明していた。

砂と一緒に大気汚染も運ばれて来たはずだから、
不吉な天災の前兆と言えばその通りなのかも。




[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-11-03 15:06

改憲より防空壕を掘れ

トランプの来日期間って、
北の刈り上げデブにとって、
ミサイル飛ばす絶好のチャンスなんだけど。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-11-02 15:07