人気ブログランキング |

嵐を呼ぶ男たち!

最近の国際ニュースを見ていたら、
「日本のナショナリストの政治家の
ハシモト・トール”が『第二次世界大戦中の
性奴隷は必要だった』と発言した」とのテロップが流れた。
これだけを読んだ人には、
「日本にはとんでもない政治家が居る」、
「なんてひどい国だ!」と思われても仕方がない。

橋本…、いや橋下徹=ナショナリスト、
従軍慰安婦=性奴隷と訳したところが、
短い文章の中にズバッと簡潔に表現しているな~と思った。
当然、異論のある人も居るだろうが、
イギリスのマスメディアが
そう解釈したのは事実だ。

因みに、日本のニュースでは、
橋下徹(呼び捨て)は、
「だから戦争はあってはならない」
「無理矢理慰安婦にされた人が居たとしたら気の毒だ。
償いは十分しなくてはならない」らしきことを発言したので、
ヘッドラインだけから受ける強烈な印象程、
そんなに人非人なことは言っていないようだ。

でも「風俗産業や売春婦を認めないのは、
自らこの職業を選んだ人達に対する差別だ」とかとも言って、
この人の差別の感覚って
何だかやっぱり一般とはズレてて変!とも思った。
中には「もうコレ天職」と思って、
楽しんで風俗やっている人も居るのかも知れないが、
やむを得ずその道を選ぶしかなかった人も多いでしょうに…。

残念ながら、読解力がないのは日本人だけではなく、
世界の大勢の人間がキミを理解出来ない。

この人達(維新の会代表二人)が口を開く度に、
世間を騒がせ、多数を不愉快にさせ、
本当にロクなことが起こらない。
あらゆる問題発言の奥底に、
根深い根暗いコンプレックスを感じずには居られない。
何せナショナリストだから、
バランス感覚も国際感覚も皆無なのは道理だ。
そもそも彼らの目指す維新って? 尊皇攘夷??
by piyoyonyonyon | 2013-05-18 15:15


<< 現代の性奴隷 ナゾの病気 >>