人気ブログランキング |

悪食の結果

現在6歳の姪は、2歳半位までは、
食べ物の好き嫌いがほとんど無く、
何でも食べ、それが義母の自慢だったが、
今では食べられる食材は数える程しかなく、
それ以前に食事をほとんど取らない。
全く食事に集中せず、
テレビを見たり玩具で遊ぼうとし
(そもそも子供がいる時は、
食事中はテレビを消して欲しいが…)、
一口二口だけ料理に口を付けた後は、
席を立って遊び回り、
すぐにお菓子やアイスクリームを強請る。
そのせいで、体格は他のクラスメイト達より顕著に小さいし、
スタミナも免疫力も弱いせいか、すぐ病気になる。

そんな姪と一緒に食事する時、
夫はいつもイライラしているが、
勿論姪のせいではないことは彼も重々分かっている。
だが、母親である義妹に提案してみたところで、
「子供がいなくて子供のことを何も知らないくせに」と
子持ちが我が子を甘やかす最大武器を聞くのがイヤで
(実際義妹がそう言うかはどうかは知らないけど)、
ヨメの私は勿論、実の兄である夫も、
義妹に直接何か言ったことはない。
只遠回しに、「ごはんをちゃんと食べないと
伯母ちゃん(私)みたいに、
いつまでも背が伸びないよ~」とか、
ハンガリーの友達の、お菓子を食べ過ぎて、
6歳にして糖尿病になった甥っ子の話を何度もしてはみるが、
義妹も義母も一向に気にすることなく、
姪に注意したり、食生活&食事態度を
改めさせる気配は全くない。

そんな姪が、先日ひどい腹痛を起こして帰った後、
夫が思い切って「母さん、前から思っていたけれど、
どうしてあの子がちゃんと食事をしなくても、
すぐにアイスクリームやお菓子をあげるの?
それを期待しているから、
食事を真っ当にとらなくなったんだよ。
他の同い年の子と比べても遥かに小さいし」と
言ったら、義母は、「だって、だって…、
それがあの娘(義妹)の躾の方針だし、
もしそれを止めさせたら、子育ての干渉になるもの」と
動揺しながら珍妙なことを言った。
どう考えても義妹より義母のほうが
子育ての知識&経験が豊富だし、
義妹が厳格な方針を持って躾しているとは思えないのだが、
実際姪の深刻な健康問題になって来ているこの後に及んで、
実の娘に忠告ではなくアドバイスするのに、
一体何の遠慮が必要なんだろう??
夫も私も全く理解出来なかった。

折りしも、最近イギリスで
4歳の息子を餓死させた母親が逮捕された。
その母親が言い訳することには、
息子は偏食がひど過ぎて、
「食べないんだったら勝手にしなさい」と
放っておいたら死んだ、とのことだった。

また先日のニュースでは、毎日6人の子供が、
イギリスでは栄養失調で亡くなっているそうだ。
勿論、食糧が不足している訳ではない。
過度の偏食やジャンク・フードの過剰摂取に寄る
栄養障害とのことで、欧州最多の数字だそうだ。
躾や子育ての問題だけではなく、
親そのものの健康に対する意識の低さ、
ジャンク塗れの乱れた食生活が
大きく関わっていると思う。
とにかく食生活が間違っていると、
子供っちゃ簡単に死ぬんだから気を付けろ。
by piyoyonyonyon | 2013-11-13 15:08


<< 悪食の果てに 食べ過ぎ注意 >>