風邪と入浴

まだある風邪ネタ(笑)。
イギリス人のほとんどは、
普段はシャワーしか浴びないが、
風邪を引くとお風呂に入る習慣がある。
一方日本人の多くは、
風邪を引くと入浴を控える。
これは、多分日英の住宅の
構造の違いに寄る理由が大きいと思う。
日本の一般住居の浴室や、家の部分的には、
冬はかなり寒く、お風呂に入ると
湯冷めして風邪が悪化する可能性が高い。
一方イギリスでは、
大抵セントラル・ヒーティングで
家中くまなく暖かい為、その心配がない。
熱い湯に漬かるのは、体力を奪ってしまうが、
ぬるいお風呂に長く漬かると、
血行が良くなり、風邪に良く効く
と言うのは理に適っている。

しかしそれも、風邪の症状や度合いに寄る。
熱があって非常に悪寒が走っていた夜、
夫に「風邪にはお風呂」と勧められて入ったが、
寒くてとてもぬるい湯に浸っていられる状態ではなく、
熱い湯に入るしかなかった。

…結果、思った通り風邪が悪化した。
発熱している場合、寝汗も大量にかくので、
特に寝る前には、風呂に入るべきではない。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2013-12-20 15:00


<< 泣き面にハチミツ みんなセシウム塗れ >>