カジノに行くべからず

夫の仕事仲間が、クライアントから
クリスマス・ディナーに招待され、
その後誘われてロンドンのカジノに行ったそうな。

そこで彼は大儲けをし、
親しく声を掛けて来た数人と仲良くなった。
大金を得て、しかも酔って気が大きくなっていたから、
そのまま彼らを家に招待した(一人暮らしらしい)。
そこで更に皆で酒を飲んで楽しんだ。

いつしか彼はソファで酔いつぶれ、
目を覚ますと、新しい友人達と共に、
先ほどカジノで当てたばかりの大金も、
家の家財一式も、スッカラカンになっていた…。

カジノ、それは犯罪者の巣窟。
お金をすっても当てても良いことがない。
大金を当てた時点で、既に彼は目を付けられていたらしい。
しかし泥酔で意識が無かった為、
暴力等は一切受けなかったので、
これは未だ随分マシなケースだそうだ。
カジノで設け過ぎて中国マフィアに暗殺された、
義父の友人も居るのだから。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2014-01-10 15:12


<< 若者の未来 大荒れの天候のイギリス >>