腐臭のするドラマ

お気に入りのBBCドラマ「シャーロック」が、
ブロマンス認定で腐女子に人気と聞き、
…それ自体に対して驚きはしないが、
逆に、非常に納得している自分に愕然とする(笑)。

そう言えば、二年前にシリーズが終了した為、
しばらくマジでショックだったBBCのドラマ「マーリン」も、
典型的なブロマンスものだそうだ。

c0240195_20225267.jpg
試しに「Merlin slash(←英語で腐女子のこと)」で検索すると、
腐った画像が出るわ出るわ…。
私の好きになるドラマは、結局行き着くところこれかい。

ブロマンスとは、brother romanceや bros romanceの略で、
男同士の友情以上~愛情未満(あくまで)の
非常に強い絆や親密な関係を意味する。
「801」なんて言葉が存在するずっと前から、
血兄弟の契りや信頼厚い主従関係が登場する時代劇とか

c0240195_20241835.jpg
スポーツ根性ものなどは、
「何だかちょっと行き過ぎじゃないか?この人達の関係」
と思わせるものが結構あった。
ずばり同性愛を描いたドラマよりも、
その一歩手前のブロマンスのほうが、
きっと二次元創作の妄想を掻き立てるんだろう。

それを言ったら、イギリスは多分ブロマンス・ドラマの宝庫だ。
今でも私にとって、イギリス映画と聞いて思い出すのは、
「アナザー・カントリー」「モーリス」「炎のランナー」や
「マイ・ビューティフル・ランドレット」だし(凄い偏見です)。
「ドクター・フー」シリーズのドクターとキャプテン・ジャック、
「ロード・オブ・ザ・リング」のフロドとサム(役者は米国人だが)、
「ハリー・ポッター」シリーズのハリーとロンとかも、
ブロマンス好きの餌食になるらしい。
イギリスには、それっぽい香りを放つ俳優や
舞台背景・設定が多いのだと思う。

韓流ドラマにも、スラッシュやブロマンスはあるそうだけど、
どうも韓国の男優は、全体的に私の好みにはピンと来なくて。
やっぱり文化って違うなーと痛感する。
日本のイケメンのほうが、余程好みに合うのが多い。


c0240195_20443714.jpg
アメリカで言ったら、「スタートレック」の
キャプテン・カークとスポックは、間違いなくブロマンスだ。
人に寄っては、「トイ・ストーリー」シリーズの
ウッディとバズも怪しいそうだ(おいおい)。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2014-04-26 15:10


<< 古典でブロマンス? 猫の手も借りたいオフィス >>