メンヘラ母

以前東京で暮らしていたマンションの
道路の向かい側のマンションに、
小学2、3年生位の女の子の居る家族が住んでいた。
そこの母親が、しょっちゅう娘を激しく叱っていて、
非常にうるさかった。
子供の声より、段違いにうるさかった。

筒抜けだったから、時々否応無し聞いていると、
どう考えても躾・教育に熱心なのではなく、
単に感情任せに怒りまくっている母親だった。
(本人は躾のつもりなのかも知れんが)
娘が「御免なさい!御免なさい!」と
本気で謝って必死に訴えているのにも関わらず、
母親はヒステリックに延々と怒り続けていた。
暴力を振るっている様子はなかったが、
女の子が可哀相な程だった。

恐らく一度怒り出すと、理性を失って
自分でも止めることが出来ない、
精神が病んでいる母親だったのだろう。

でも、どんな理由・状況であれ、
こちらとしては耐えられない騒音だったので、
時々その家目掛けて、水で塗らした
トイレットペーパーの玉を投げ付けていた(犯罪!)。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2014-12-15 15:08


<< アルツハイマーの叔母 車椅子VSベビーカー >>