クリスマスにケンタ

うちの母は、何故かKFC
(ケンタッキー・フライド・チキン)が大好きで、
一人勝手に凄い御馳走だと信じている。

自分が大好きなものは、
他人も同じ位好きだと信じて疑わない母だから、
良くファミリー・パックを買って帰って来た。

しかし、昔の田舎の話なもので、
一番身近なKFCから両親の家までバスで40分も掛かり、
元々誰もそんなファースト・フードを有難がったりしない上に、
家に到着する頃には、冷めてベチャベチャの
すこぶる不味いフライド・チキンになっていた。
「美味しいから食べなさい!」と熱心に勧める母を無視して、
最早誰も手を着けようとはしなかった。

私たちはちっーとも要らないから、
食べたい時には、バスに乗る前に、
お母さん一人でKFCで食べて来なよ、
と何度も言って聞かせたものだ。

イギリスでも、クリスマスにケンチキ!
と言う悲しいコマーシャルが毎年流れるけれど、
きっと母なら大満足なんだろうなあ…(涙)。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2014-12-24 15:08


<< イギリスの天候に合う靴 和食派 >>