ブサイクの血筋

とある、韓国を旅行した中国人が、
「この国ほど醜い国民の多い国はいないと感じた。
整形手術がこんなに盛んなのも道理だ」
と厳しく言っていたのを、耳にした。

かつて韓国に出張したことのある義兄は、
「あっちの事務所の女子社員は、皆美人だったが、
やはり整形なのか、皆同じ顔をしていた」とボヤいていた。

確かに、私が記憶する限り、
韓国人の男性には、不細工が多い気がするし、
髪型や服装をばっちり決めた(つもりの)
韓流男性俳優にしても、
概ね垢抜けなくて野暮ったく見える。
勿論、そこが骨太で男らしくて良いのよ♪
と言う人もいるんだろが、
少なくとも私にとっては、日本人男のほうが未だ好みだ。
男がそうなんだから、どう考えても女も、
改造前は同レベルなんだろう。

この話を夫にしたら、「へえ、韓国って、
長年狭い血統間だけで婚姻を繰り返しているのかい?」
と言う質問が返って来た。
仕事で世界各地を回った夫の経験では、
例えば小さな島なんかで、
近い血統の間でのみ交配を繰り返していると、
遺伝子的に不細工が多くなる傾向があるらしい。

韓国に、例えばジプシーのように、
伝統的に極端に異民族の血の混入を嫌い、
近親婚を繰り返している風習が
あるかどうかは知らないが、
それを言ったら、日本は島国なんだし、
国土も標高差が大きくて複雑で、
一層外部の血が入り難い環境だとは思う。
おまけに鎖国をしていたので、
長年自国民だけで交配を繰り返して来た。

韓国は半島だが、北はアノ国なので、
実際今は島国のような状態だ。
とは言え、たかだか約60年前からの話だ。

それはさておき、夫の自論には一理あると思う。
「ハーフが美人なんて妄想ですから」と言う本が
ちょっと前に日本で出版されたようだけど、
人種の坩堝のようなイギリスに住んでいて、
やはりバイ・レイシャル(ハーフ)って美形が多いな、
と言う例を、実際今まで幾つも見て来た。

現在の日本人の顔の美醜の価値観では、
西洋人のように大きな目や彫りの深い顔立ち、
長い手足に憧れる傾向が強いから、
西洋人の血が混じった場合、
美しい子供が生まれるのには有利と思うフシがある。
実際、混血のモデルや芸能人は多く、
持て囃されている。

しかし、黒人×白人や黄色人種×黒人でも、
返って純血な白人、アジア人、黒人よりも、
綺麗な顔の発生の確率が高くなるように感じる。

例えば、両親が全く美男美女じゃなくとも、
もしその子供がバイ・レイシャルであれば、
正直言って、両親のどちらにも余り似ず、
美しいとまでは行かなくとも、
ずっとマシな顔をしている場合が多いように思う。
まるで、顔のパーツの変なクセが緩和・淘汰されて、
すっきり整ったように見えるのだ。

また、肌の色が同じ国際結婚間であっても
(例:日本人×台湾人、英国人×イタリア人)、
その子供の容姿は魅力的なことが多い。
この場合、複数の文化に寄って育まれた、
滲み出る独特な雰囲気の魅力が大きいのかも。

どちらにせよ、子供の容姿は、味噌の味と同じで、
遠い原産地同士を混ぜるのに
越したことはないってことか…。

勿論、純血のカップルから生まれた
美男美女も沢山存在する。
長年に渡って、美形を多く排出する家系もある。

しかし、自分の顔には自身ないけれど、
子供は絶対可愛くあって欲しい!と願う人には
(どうなんですかね、こういう欲望って。
子供は皆親にとっては可愛いんじゃないすか)、
もしかしたらこの案は朗報かも知れない。

幾ら容姿の優れたパートナーを選んでも、
子供は限りなく自分に似てしまうかも知れないのだから。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2015-01-15 15:04


<< デブの種類 UFO特集 >>