今年見たアニメ

日本のテレビ番組で
簡単に見られるのがアニメだけなんで、
なんだかんだ言って、夫と一緒に結構見ている。

「Food Wars (食戟のソーマ)」
超エリート料理学校(高校)を舞台にした
グルメ・バトル学園物なのだが、
登場人物達が美食を味わうと、
えくすたし~を感じて、裸になり(注:想像の中で)
ポルノのようにもだえるのが特徴。

食欲と性欲をごっちゃにするのはどうかと思うけど、
工夫を凝らした美味しそうな料理が
山程登場するのは確かで、
随分夕食のメニューのお世話になったw。

表現が大げさ過ぎるグルメ漫画って
(多分「ミスター味っ子」あたりから可笑しくなった)、
日本では昔から割と定番だが、
イギリスでは信じられない分野だそうだ。
なら、フランス人には受け入れられるか?

主人公のメンタルが強いのが良い。
尚且つ、学習能力もしっかりある。
他のキャラクターも概ね魅力的で、相当面白かった。
第二シーズンがあったら楽しみ。

「My Love Story! (俺物語!)」
高校生カップルの「きゃっきゃウフフ」の初恋物語で、
典型的な少女漫画かと思いきや、
主人公が、今時少年漫画にもいないってな位ゴツい大男。
とにかく何事もパワフルな彼の言動が、
いちいち面白くて笑える。
「遠近法無視」とか「都市伝説」とか呼ばれる。
でも、男が惚れる心のイケメン。

ヒロインがお菓子作りが得意で、
美味しそうなお菓子が沢山登場するのもポイント。

続きがあったら見たい。

「Ushio & Tora (うしおととら)」
これって、原作の漫画自体は、随分昔のだよね。
確か友達がファンだった。
女子中学生達の制服のスカートの長さに、時代を感じる。
夫は、今の多くのアニメと違って、
女の子の体型が、実際の日本人らしくて
現実的だと言った(余計なお世話だ)。

途中までは、単なる一話完結の妖怪退治物かなーと思ったが、
主人公が母の秘密を知った頃から、
話が複雑になって面白くなって来た。

基本的に妖怪物は好き。
筋肉少女帯の主題歌も良い。

Nobunaga Concerto (信長協奏曲)」
今年の番組じゃないけど、
グラフィックが余りアニメらしくなくて独特で、
大変スタイリッシュだった。

非常に中途半端なところで
ブッツリ終わるのはあんまりだ。

「Braves of Six Flowers (六花の勇者)」
北海道の菓子メーカーじゃないよ。
ちょっとマヤ&アステカ文明っぽい世界の
ヒロイック・ファンタジーなのだが、
途中から「偽勇者」を探し出す密室ミステリーっぽくなる。
アガサ・クリスティの大嫌いな夫のほうが、
そのうち飽きて来た

私のほうは、声優のアニメ特有の作り声
&演技には随分慣れたが、
ファンタジー映画やアニメでは定番の、
戦うのに全く不向きな裸同然のコスチュームには、
やっぱり慣れない。

「The Asterisk Wars(学戦都市アスタリスク)」
学園バトル物。
「食戟のソーマ」を見た後では、
何故グルメもないのに戦ってんのか不思議に思え、
まるで物足りない(爆)。
過激な部活動と言う印象。
夫は、ぼちぼち…と言いつつ見続けていたようだが。

「Mr. Osomatsu (おそ松さん)」
あまりに下品だと、夫から見るのを却下された。
主線を青にした絵は、結構可愛いんだけどねー。

この外人アニオタ・サイト、
新「ルパン」と「北斗の拳イチゴ味」と
「進撃中」を配信していないのが許せん。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2015-12-31 15:33


<< あけましておめでとうございます 一生売ってろ >>