世界一美味しい小龍包店

以前台湾に出張で行った際、
取引先の社長さんが、
世界一美味しいと言われる、
有名な小龍包専門レストランに連れて行ってくれた。

確かに大変美味しかったが、
大人気なので、長時間待たなければならない。

それは当然として、
日本には有り得ない、解せない現象は、
大勢の人が順番待ちをしている間、
天秤担ぎのような移動屋台の食べ物売りが
次から次へと現れ、かなり多くの人が、
これからとびきり美味しいものを味わうと言うのに、
実際それらジャンクを買って
食べながら待っていることだった。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2016-03-25 15:08


<< 金銭感覚 恐怖の飲み物 >>