ムスリムの外出

ところが、そんな人種の坩堝のような
イギリスの高速道路のSA(サービスエリア)でも、
イスラム教徒はとんと見掛けないことに気が付いた。

イスラム教徒と傍目にも認識できるのは、
服装から大抵女性だけだが、
多分ムスリム男性も、SAにはほとんど居ない。

商店街やスーパーマーケットやフリマでは、
あんなに多く見掛けるのに…。

イギリスに住んでいても、
ムスリムは大抵ムスリムだけで交流するので、
イギリス人でさえ彼等の生活を把握していないが、
もしかしたら、行楽・観光自体に興味がない、
またはそう言う概念が存在しないのだろうか?

先日、英キャメロン首相は、
イスラム教徒の男性が(多分自国から嫁を輸入して)、
ほとんど妻を外に出さずに家に閉じ込めて置き、
そのせいで妻は、何年経っても
英文化にも馴染めなければ、
英語が話せないままなので、
彼女達に英語習得の場を促進すると話していた。
(ついでに私も習得したい)

ぶっちゃけ、そう言った閉鎖的な環境や、
滞在国に対する無知が、
その子供達の思想にも大きく影響し、
過激派育成の温床に成り兼ねないからだ。
英国生まれ育ちで英国籍を獲得していても、
テロ行為に走ったり、
ISに志願するイスラム教徒は後を絶たない。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2016-04-13 15:08


<< 奴隷妻 高速SAの光景 >>