強制婚文化

インド人やイスラム教徒の間では、
現在でも親が勝手に決める結婚が基本だ。
結婚相手は、釣り合う家柄や
経済理由等の親の都合で選ばれるが、
念の為、これは日本のお見合い結婚とは全く別物で、
本人の意思・好みに全く関係なく、
断る権利すらない、強制させられる結婚である。

イギリスでは、当然法律で禁止されているのにも関わらず、
こう言った強制結婚は後を絶たない。
自国からイギリスに、会ったこともない
「嫁を輸入」することも珍しくない。

夫の元同僚の中にも、家族と一緒にインドに里帰りしたら、
自分は全く知らされていなかったのに、
花嫁と結婚式が用意されていて、
仕方なくイギリスに嫁を連れて
帰って来ちゃいましたよ~と言う人が居たらしい。
今でも彼が、強制婚の妻と
夫婦として暮らしているのかどうかは知らない。

彼等の間では、息子に関しては、
外国人との結婚にも意外と寛容だが、
娘が異教徒・異民族と結ばれることは、
結婚どころか交際することすら絶対許さない。
(在英インド人の中には、
ほとんどイギリス化された家族も多いようだが)

とにかく、女性にはやたら厳しい伝統文化で、
嫁や娘に不手際があった場合、
家族に寄って静粛される事件が、
例えイギリスでも度々起こる。
そして、それを決断・指揮し、一家を牛耳るのは、
大抵ばーちゃん(父や夫の母親)だったりする。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2016-04-17 15:09


<< ハムカツの神秘 母の仇 >>