アマゾン・プライムの罠

主にネット・ショッピング等に利用している、
業務専用のメール・アドレスを整理していたら、
いつもの「アマゾン」からではなく、
初めて見る「アマゾン・プライム」からのメール。

内容は、一ヶ月間のお試し無料体験の期日が
もうじき切れるので、
次回の年会費3,900円を
×月×日に登録クレジット・カードから
引き落とすと言う知らせだった。

…ええ!? そんなもの、入会した覚えすらないのに?
即座に、入会取り消しの手続きをした。

翌朝、夫にこの話をすると、
「それは、アマゾンのパスワードを盗む為の
典型的なフィッシング詐欺だ」と言う。

慌てて、朝食もとらぬまま、
アマゾンのパスワードを変更した。
購入履歴も確認したが、
幸運にも、第三者に何か買われた形跡はなかった。

それにしても、そんな単純な罠に引っかかるなんて…。
被害はなかったものの、私は落ち込んだ。

同様にアマゾン・プライムを語る詐欺が、
他にも横行しているのだろうか。
ネットで調べて見た。

すると、続々出て来た。
ただし、加害者はアマゾンそのもの。

アマゾンで何かを購入する際、
アマゾン・プライムの無料体験を試せるのは
前々から知っていた。
しかし、自分には絶対に必要はないと思い、
選択したことは一度もなかった。

ところが、中々気付けぬ知らぬ間に、
それとも自動的に(強制的に)、
アマゾンで購入すると、
プライムに入会させられる仕組みがあるらしい。

自分の無料体験が終了する期日から一ヶ月遡ると、
確かに、前回購入した日と重なる。

それにしても、入会した後の
確認のお知らせ等のメールを受け取ったことすらない
(もしかしたら、アマゾンから山のように来る
スパムの何処かに巧妙に紛れ込ませてあるのか??)

知らずに既に年会費が引き落とされ、
怒り心頭の被害者は数知れず。

これを回避する為には、購入する度に、
自分のアマゾンのアカウントを確認することをお勧めする。
アカウントから簡単にキャンセル出来る。

それと、念の為、メールから直接ジャンプして
サインインしないほうが良い。

もし、年会費が既に引き落とされていても、
実際プライムを利用しない限り、
解約すれば、全額返金されるらしい。

カスタマー・サービスに電話すると、
慣れたもので、客側から何も言わずとも、
「御解約と御返金ですね?」と即座に言って来るそうだ。

しかし、実際金が戻って来るとは言え、
初めは相当焦るし、とにかくやり方が汚い!
今後アマゾンで購入するのを躊躇する。

そのうち消費者庁から厳重注意され、
新聞に載るのでは?と思っている
(既に掲載されていなければ)

「日本の最大手ネット・ショップでも、
こんな詐欺紛いのことするなんて…」とボヤいた人に、
「そりゃ元はアメリカの企業ですからねえ」と
明快な返答をした人が居た。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2016-07-12 15:07


<< 過激な障害者 EUドミノ倒し >>