離脱で孤立

ヘンリー八世について、
改めてちょこっと調べていたら、
こんな文章に出会った。

「…こうしてヘンリー八世は、
ローマン・カソリックから離脱した。
そうして、イングランド王国は、
世界(当時はほぼ欧州のみ)の中で孤立した」

………んっ? つまり今と似たような状況ってこと?

その後、専制を強めたヘンリー八世が、
意に背くもの、邪魔者(妻含む)を、
難癖付けてバッタバッタ処刑し、
英国が混乱を極めたのは、言うまでもない。

現在イギリスには事実上死刑はないが、
再び血塗られた時代が来るのは勘弁して欲しい…。
[PR]
by piyoyonyonyon | 2016-07-27 15:10


<< 今日は金曜日 不自然な人達 >>