やっぱり信用出来ないイギリス仕事

帰国する際、今まで利用していた
ヴァージン・アトランティック航空の
日本便がなくなっちゃったので、
JALやANA、欧州乗り換え便とも比較して、
今回は、乗り換え便を含めても一番安かった、
BA(ブリティッシュ・エアウェイズ)の直行便を選んだ。

BAは随分昔に利用したことがあるが、
今回のは、何と羽田発着便。
実際体験してみると、思った以上に
成田発着より遥かにラクだ。
羽田に割と近い地域に住んでいる、
イギリス好きな友達にこの事を話したら、
「ええっ、羽田からイギリス行けるの?」
と目を輝かせていた。

何と言っても、BAは英国の(元)フラッグ・キャリアだし、
本数も多く、ハブ空港のヒースローでは、
一番新しい第五ターミナルは、
BA専用(+共同運航のイベリア)になっている程だ。

しかし、以前ニュースで「BAでは、
一便に付き平均7個の機内預け荷物が紛失する」と
報道されたこともあり、ストライキも多く、
値段と直行と羽田発着の魅力で選んだものの、
色々と不安はあった。

そして、いよいよ日本へ発つ前日となり、
いざオンライン・チェックインしようとしたところ…、
出来ない。何度やっても出来ない。
私の予約に何か不備があったのでは、と焦った。
そのうち、「システム故障中で不可能なので、
空港でチェックインして下さ~い」と
表示されるようになった。

でもまあ、つつが無く飛行機には乗れた。

今度は日本からイギリスに帰る一週間程前、
夫から、「ロンドンの全ての空港からのBA全便が、
欠航になっている」との連絡を受け、焦った。
マンチェスターのテロから日が浅かったので、
またしてもテロ(の予告)か?と疑った。

が、翌日、テロでもサイバーアタックでも何でもなく、
単にBA自体の、またしてもシステム・エラー
だったことが発覚した。
しかも、バックアップすらしてなかった為、
数日間コンピューター・システムが麻痺したままだった。
おいおい、勘弁してくれよ…。

そんなだから、出来て間もない
ブライトンの展望タワー「BAi360」も、
度々システム故障を起こして、
中に利用客を何時間も閉じ込める訳だ。

でも、私が予約した便が発つ頃には、無事復旧した。

因みに、BAの機内食の味は、まあまあだった。
ヴァージンの日本便末期の機内食は、
凄くショボくなってお腹が空いたけど、
BAは量も一応ちゃんとあった。

映画もまあまあ。機内で、やっと幻の「君の名は。」が見れた。
帰り便では、実写版「美女と野獣」を見た。
(やっぱり私にとってはどうでもいい映画だった)

座席は、別料金を払わないと選べない!
ヴァージンは、予約と同時に選べたのに。
BAのマイレージ・クラブに登録したから、
チェックイン直前には選択出来るようになったけど。

マイレージ・クラブには登録したものの、
次回もBAを利用するかどうかは、
これからのBAの様子次第だなー。
それと、予約時期(早ければ選択の幅は広い)
に寄ると思う。




[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-07-31 15:07


<< 美味しいアイスクリームは悲しい味 徹底的過ぎる日焼け対策 >>