人気ブログランキング |

2012年 12月 09日 ( 1 )

ぴよ流ストレス解消法

むしゃくしゃすることが起こった時、
または不安なことがある時、
人に寄って解決法や対処法は違うだろうが、
陶芸やガーデニング等の「土いじり」が
良いとは、しょっちゅう聞く。

私の場合も、ガーデンニングは本当に効くと思う。
他は手縫い。肩は凝るし、相変わらず下手だが、
写経のつもりで一針一針縫っていると、
不思議とスッキリする。
(写経したことはないけど!)
ミシンで縫ったほうが、手早くて
スッキリするんじゃないかと思われそうだが、
こういう場合、余りに早く済んでは意味がない。
それに、ミシンの糸調子を合わせるのに
手間取って…などとモタ付いていると、
余計ストレスが溜まる。

日本に帰国した際、義妹が誰にも会いたくない程
気分が不安定だった時、クッキーを焼いて、
自らの気持ちを落ち着かせて会いに来てくれた。
お菓子の生地を捏ねるのも、
陶芸やガーデニングに似ているかも知れない。

これらのことを考えると、
1.どちらかと言えば連続的で地道な、でも着実に進む作業
2.すぐに終らない、それなりに時間の掛かる作業
3.ぼんやり程度に、他のことを思考しながらでも出来る作業
4.終了する区切りがある作業
が、ストレスに効くように思う。
終らない仕事、先の見えない仕事をするのは、
想像以上に人間の精神を疲労させる。
裁縫をすれば、何か作品が完成する。
お菓子作りや料理には、美味しい仕上がりが待っている。
陶芸は、一つ作品を完成させるまでには日数は掛かるが、
形成、素焼き、釉薬掛け等作業に区切りがあり、
一旦は中断しなければならない。
ガーデニングも、種を巻いたり苗を植えれば
終了と言う訳ではないが、
その後は否応無しに、しばらく見守るしかない。

イヤなことがある時、ただそれだけを考えて
ダラダラしていたのでは、余計落ち込む。
とにかく、少しでも手か体を動かしたほうが気晴らしになる。
と言っても、スポーツのように、
一瞬忘れて夢中になれるようなものだと、
終了して思い出した時に、
また一気に落ち込む可能性が高い。
少しなら考えながらでも出来るような、
割と単純な作業のほうが適切だと思う。

となると、手順を把握していて
ある程度慣れている作業じゃないといけないし、
陶芸の設備もない、庭もない、
お菓子を焼くオーブンもなければ裁縫の道具もない、
と言う場合は、とりあえず「歩く」のが良いかも知れない。
普段は絶対歩いて行かないような、
ちょっと遠目の場所を目標に決めて、
後はひたすら黙々と歩く。
一歩地面を踏みしめる度に
「ちくしょー、コノヤロー」とか思いながら。
帰路は、疲れていれば
バスやタクシーを利用したって構わない。
とにかく、決めた場所へ行くことが目的。
到着する頃には、それなりの達成感と共に、
イヤなことを考えるのに疲れ果てていることだろう。
by piyoyonyonyon | 2012-12-09 15:14