人気ブログランキング |

2016年 11月 29日 ( 1 )

エコ大国の終焉

日本が東日本大震災に見舞われた時、
ドイツは支援救助も建前だけ参加して、
イチ早くさっさと逃げ帰るように引き上げ、
2020年までに、ドイツ国内の
全ての原子力発電所の稼働を止めると発表した。

それに代わり、ドイツの主要電力源
となるのが石炭火力発電…。

全く本末転倒なアホな話だ。
原子力発電は、事故ると確かに大惨事になるが、
化石燃料発電は、例え事故を起こさなくとも、
使用する度にもれなく環境を破壊する。

それに、ドイツが原発を止めたところで、
近隣国で原発を使用していたら意味がない。
現に、お隣フランスは原発大好き大国だ。

ドイツの田舎を旅行すると、
夥しい数の風力発電塔を見掛け、
さすがに世界一のエコ先進国!と、
かつては感心したものだった。

ところが最近、この風力発電を維持するのに、
生産される以上の電力が費やされると分かった為、
使用をやめると発表された。
撤去するには費用が掛かり過ぎるので、
多分今後は単なる邪魔臭いオブジェとして、
自然の中に大量に残るだろう。





by piyoyonyonyon | 2016-11-29 15:10