2016年 12月 10日 ( 1 )

ミカンの季節

「Clementine クレメンタイン」
「Mandarin マンダリン」
「Tangerine タンジェリン」
「Satsuma サツマ」、
これらは全て、イギリスでも
お馴染みの小型の柑橘類である。
ただし、イギリス国内では栽培出来ず、
スペインか南アフリカから輸入される。

全て皮はオレンジ色で、手で剥ける程薄く、
中には基本的に種がない。
子供でも簡単に食べることが出来、
特にクリスマス時期のスナックとして人気がある。

概ね日本の蜜柑より小ぶりで、
外見は見分けが付きにくいが、
日本の温州蜜柑に相当するのは
「サツマ(鹿児島県から西洋に伝わった為)」である。

単に「easy peeler=皮が剥き易い(柑橘類)」とだけ
記されて販売されることも多いので、
「サツマ」と間違って「クレメンタイン」を買うと、
味が異なって(酸味が弱くて薄い)ガッカリする。
しかしイギリスでは、
クレメンタインが最も一般的なようで、
それに比べると、サツマは出回る時期が限られ、
値段も若干高いように思う。

先日サツマを一袋買ったら、その内の二つは、
いつまで待っても皮が柔らかくならなかった。
夫は間違って「オレンジ」を買ったんじゃないかと疑ったが、
袋の中の他のは、確かにサツマだった。

結局、その二つは一週間以上経っても皮が硬いままで、
仕方なくナイフを使って皮を剥いた。
味は、明らかにオレンジではないが、
かと言って温州蜜柑とも違う…。
絶対、違う種類が混じっていたな。

それを知り、夫は、昔見たキョンシー映画で、
キョンシー除けには餅米を撒くのが効くが、
悪どい商人が安い普通の米を混ぜて売った為、
効果がなく、結局キョンシーに襲われた…、
と言うのを思い出したそうな。




[PR]
by piyoyonyonyon | 2016-12-10 15:06