2017年 03月 28日 ( 1 )

ネズミー・ランド

うちの庭に毎日のように遊びに来ていた
近所の猫達が次々に引っ越して行き、
我が家の猫自体も、冬で外出しない間、
………ネズミが庭に住み着いた。

夫が何度か窓越しに見掛けており、
あろうことか「mouse ネズミ」ではなく
「rat ドブネズミ」のほうだそうだ。

この二つは、どう区別するのかと言えば、
夫の説明なので信用出来ないが(笑)、
前者が尻尾まで毛が生えているのに対し、
後者は漫画に良くあるように、
長い尻尾に毛がないらしい。

実は、愛猫とらじの最期の日も、
掃き出し窓のすぐ側に吊るしてある
鳥の餌入れのお零れを狙いに、
窓越しにとらじの目の前をウロチョロしていたらしい。
もし元気な頃のトラ猫だったら、目をランランとさせて、
例え窓の向こうでも突進したであろうが、
既に病気ですっかり弱り切っていて、
全く反応しなかったのが、一層悲しかった。

そのドブネズミ、寄りによって
コンポスト・メーカー(たい肥製造器)の中に住み着いた。
実物を見てみれば、以前東京で良く見掛けた、
地下鉄の線路や電線の上を駆け回っていた
ドブネズミよりはずっと小さく(半分程度)、
毛がいわゆるドブネズミ色でもなく、
茶色くて目が真っ黒で結構可愛い。

家の中に入って食べ物を荒らす訳でもなし、
まあこのままで良いかと思っている。
そのうち、ポコ猫の餌食になるかも知れないが。




[PR]
by piyoyonyonyon | 2017-03-28 15:03