<   2018年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

猛暑

ハンガリーの友人にとって、夏は過酷な季節だ。
元々ハンガリーは、寒暖差の非常に大きい内陸国で、
夏の気温自体は東京と大差ない。
勿論湿度は日本とは比べ物にならない程低いのだが、
気温が30度を超えると、
湿気が少ないから暑くても然程気にならない♪
ってな事はさすがにない。
肌がヒリヒリして、やたら喉が渇くだけ。
その上、近年は益々暑くなって来ており、
しかも友達は西向きの4階のアパートに移り住んでいる為、
ここ数年の夏の暑さは殊更耐え難い。

益々暑くなって来たと言うのは、
気温が上昇していると言うよりも、
暑い期間が長くなって来ているからだ。
今年なんて、既に5月から真夏並みに暑かったらしい。

彼女のアパートにエアコンはない。
夜でも30度を越える日が数週間は続き、
これでは安眠出来る訳がない。

友人が暑さの苦情を訴える度に、
私は遮光遮熱カーテンを買う事を勧めたり、
寝る際に氷嚢を使うのを勧めたり、
冷たい食べ物のレシピを教えたり
(ハンガリーにも冷たいサクランボのスープ等はあるが、
涼への探究心は、日本が一番熱心)、
素麺や蕎麦を送ったり、言葉で色々慰めたりしたものだ。
しかしそんなもの、やはり文字通り焼け石に水。
根本的な解決策は、エアコンを設置する以外ない。

ハンガリーの一般家庭では、
今までエアコンは一般的ではなかったが、
この近年の気温上昇に伴い、
必需品になりつつあるらしい。
だが、高い。日本でも安くない買い物だけど、
ハンガリーには自国で家庭用エアコンを
製造しているメーカーがない為、
輸入品(主に日本のメーカー)に頼るしかなく、
更に高級品であるようだ。

そんな高いエアコンをもし買ったなら、
当分旅行には行けないくなるとの理由で、
今まで友人はエアコンを買おうとはしなかった。
彼女は旅行が大好きで、夏休みは近隣国に一週間程度、
その他にも度々国内旅行する事を
何よりも楽しみにしている。

しかし、たかだか一週間の旅行の為に、
数ヶ月間のクソ暑い夏を我慢しなければ
ならないのはナンセンスだ。
そもそも健康に悪い。
案の定うちの旦那は、暑さで良く眠れない日が続き、
体力が落ちて夏風邪を引いた。
(その後、暑い夜は階下のソファで寝るようになった)

例え室内でも、余りに暑いと熱中症になると聞くし、
これから年々暑くなる可能性が高いし、
更に我々は年老いて益々暑さに弱くなるしで、
暑さは深刻化して行く一方である。

それで今年、また友人が暑いとボヤいた時、
「もう旅行を諦めてでも、
エアコンを買うしか解決出来ないよ。
私が言えるのはコレだけ」とビシッと言い切った。
すると友人、「その通りだわ…。
買うしかないわね」と、ついに腹を括った。

しかし、今年の5月からのハンガリーの異常な暑さには、
多くの人が耐え切れなかったようで、
同様にエアコンを買おうと殺到し、
エアコン設置業者は、6月で既に予約がいっぱい。
この夏は、最早受注出来ない状態になっていた。
この猛暑も、エアコン無しで耐えるしかない…。




[PR]
by piyoyonyonyon | 2018-07-28 15:06

独裁者達の最期

この21世紀の世になっても、
独裁政治国家は少なくない。

最長就任期間の法律を一方的に変えて延長したり、
わざわざ一時的に大統領から首相になって、
裏から大統領を操ると言う小細工をしたり…、
独裁者達は、あらゆる手を使い、
意地でも権力にしがみ付こうとする。

一体世の独裁者達は、
いつまで国の最高主導者として
居座るつもりなのだろう??

答えは「死ぬまで」である。

何故なら、彼等は文字通り好き勝手放題で、
理不尽、非人道的な行いを繰り返して来た為、
一度その座から降りれば、
たちまち逮捕されたり、
報復を受ける可能性が高いからだ。

そのせいで、ジンバブエのムガベも、
齢93歳になってまでも、
権力の座にしがみ付いた。

元々彼は、黒人解放の闘士で、
独立・建国の英雄として尊敬を集めていたそうだ。
だが、自国民の若い世代や、世の中の多くの人は、
彼の善政を知らず、悪政しか印象にない。
どんなに優秀な人間も、
長く権力の座に着き過ぎると、
どんどんロクでもなくなって行く物らしい。

政治家は引き際が大切だと、改めて思う。

結局ムガベは、クーデターで
権力の座から引きずり降ろされ、
やっぱり自宅監禁させられた。
それでも、サダム・フセインやカダフィーの、
惨めな最期よりはマシ。




[PR]
by piyoyonyonyon | 2018-07-26 15:07

没落するイギリス

アメリカでは、国の元首が大馬鹿で、
国が傾きつつあっても、
任期中には中々一般国民には
影響しにくいものらしいが、
イギリスのEU離脱の影響は、
既に英国民にひしひしと押し迫っている。

まず、ポンド安とインフレが激しい。
食品なんて、概ね1.2~1.5倍位に値上がっていて、
これでは多少給料が増えても、
出費はそれ以上に増えて、
生活は苦しくなるばかり。

それでも仕方なく払うしかないから、
全体的な売り上げ額は伸び、
経済は成長しているように見える。

しかし、数字上の景気なんて、本当に当てにならない。
株価や為替や先物取引市場なんかより、
スーパーの卵の値段のほうが余程アテになる。

日本は長年経済低迷と言われているが、
それは10年も運賃や郵便料金等を値上げしないからで、
これらをイギリスのように毎年10%以上値上げすれば、
簡単に不景気から脱出したように見えますよ(とんでもねー)。

幾らGDPは伸びているように見えても、
実際イギリスの各家庭は、
どんどん貧しくなって来ているらしい。

離脱の最大争点であった、EU圏内からの
無制限に受け入れなければならない移民はどうかと言えば、
母国へ戻る者も多く、記録的に減少してはいるらしい。
が、パッと見は実感しにくい。
街やフリマを見渡しても、相変わらず東欧人は非常に多い。
住宅不足も、相変わらず深刻だ。

しかし政府は、医療従事者や技術者等の移民は、
離脱後も優先的に受け入れると発表している。
イギリス人だけでは、それらをこなせる人材が、
致命的に不足しているからだ。

一方、外国人へのヘイト犯罪は、
離脱決定以来確実に増えている。

そもそも、本当にEU離脱出来るのだろうか?
国民投票の結果直後、実際の離脱までには
少なくとも2年掛かると言われて来た。
そして、その2年が過ぎたが、一向に進んでいない。

離脱派のリーダー(張本人)ボリス・ジョンソンは、
政府の離脱交渉案が、自分の思い描いていた物とは
程遠いと怒って外相の座を辞任した。
つまり、自分の夢見る離脱が、
いかに非現実的で単なる幻想だったかを、
自認して逃げ出したのと同じだ。
次の首相の座を狙う事しか考えず、
外交センスはゼロだったので、
自分から辞めてくれて安堵しているが。

もし離脱交渉終了前に、
政権が保守党から労働党に移る事があれば、
労働党首コービンは、離脱を撤回し兼ねない。

本当に離脱するにせよ、撤回するにせよ、
この不安定な状況が続く限り、
イギリスは弱って行く一方だ。

メイク・ブリテン・グレート・アゲインを
夢見て離脱に投票した年寄りは、
それまでに大方死に絶えるであろう。
英国の益々の没落を見ずに死ぬのは、
せめてもの幸せだ。




[PR]
by piyoyonyonyon | 2018-07-24 15:06

劣化するアメリカ

相変わらず支持率は低く、
今まで大統領としてのこれと言った成果もなく、
公約のメキシコ壁建設も実行できず、
発言・意見は毎日のように変わって
他国からは信用されず、
米露首脳会談は大失態だったと
民主党は勿論、同じ共和党員からも
非難されているトランプだが、
今だ2期目出馬意欲満々だそうだ。

こんな馬鹿に二期はねーだろと笑う人も多いが、
私は「案外また当選しちゃうかもよー」と思っている。

何せ、トランプの支持者は鉄壁の馬鹿だ。
馬鹿を侮ってはいけない。
ある意味、理屈・常識の通用しない馬鹿は無敵だ。
実際米露会談の大失態の後も、
(低)支持率はビクとも響かないらしい。
彼等に、外交なんて関係ないし分からない。
実際、外交の影響が一般市民に影響するのは、
早くても2、3年先になる。

それに今の所、アメリカの経済に陰りがない所か、
数字的には好調だそうだ。
これはトランプ・バブルとも、
オバマが築いた安定基盤が未だ続いているからとも言われる。
どちらにせよ、長期的景気とは見られていないようだ。

因みに、米国の対英国との貿易は、
輸入100に対し輸出60らしい。
この生産業の廃れた英国からさえも赤字だなんて、
つくづく売る物のない国…。
精肉等の食品が、今の所米国から英国へ
余り入って来ていないせいもあるが、
ジャバ漬けのアメリカ肉なんて、絶対買っちゃ駄目。

幸か不幸か、アメリカ大統領の失策は、
その任期中には現れにくいものらしい。
国民が実感するのは、その次の代。
そしてその時には、もう遅い。

そして今の所、決定的な対抗馬がない。

トランプが二期目も勤めるとなれば、
アメリカの没落は疑いようもない
(一期でもかなり衰退だけど)。
そうなれば、ザマーミロとは笑っていられず、
残念だが、日本のみならず世界中が大混乱だ。
そもそも、トランプはアメリカの劣化の象徴。
社会の産み出した膿だ。

それどころか、こいつ本当に
簡単に核ミサイルのボタン押しそう(ポチッとな)。

そうなる前に、弾劾なり暗★なり、
誰かこいつを消してくれ。



[PR]
by piyoyonyonyon | 2018-07-22 15:08

異常気象

天候って、本当に人間の思い通りにならない。
西日本、特に従来雨の少なかった瀬戸内海沿岸で、
記録的な豪雨が起き、沢山の人命が奪われ、
被害が酷い事は、欧州でも大きく報道された。
心から亡くなった方にお悔やみを、
被害に遭っている方にお見舞い申し上げると共に、
一日も早い復興を願う。

雨の多い日本とは逆に、ヨーロッパの広範囲で
日照り・干ばつが続いている。
私の住んでいるイギリスでも、
気温が高く、雨が異様に少なく、
既に給水宣言に入った地域もある。

ここ一ヶ月以上、ほとんど雨が降っていない。
花壇には風呂の残り湯を利用して撒いているが、
水を貰えない芝は、この一ヶ月全く成長していない。
普段ならこの季節には、2週間に一度は
芝刈りしなくてはならないのに。
しかし、それは未だマシなほうで、
家の目の前の日当たり抜群の公共緑地は、
既に茶けて草が枯れている模様…。

イギリスでは御馴染みの街路樹
樫の木の下は、樹液でベタベタ。
葉からの水分の蒸発を防ぐのにコーティングする為か、
水不足になると、こうして樹液を発散するらしい。

それもまだまだ全く恵まれているほうで、
イギリス南部よりずっと緯度の高い北欧では、
返って今はここより気温が高く、
未曾有の猛暑に苦しんでいるらしい。
干ばつも、ここより更に深刻だと聞く。

その北欧の現在の気温は、30度前後のようだ。
最高でも33度程度止まり。
連日40度近くを記録する日本に比べると、
大した事ないように感じられるだろうが、
北欧人は元々暑さに全く慣れていない上、
夏の風通しを優先的に設計された日本の住宅とは違い、
北欧の家は冬の極寒仕様に作られている。
窓が少なく気密性が非常に高く、
一般家庭にはまずエアコンもないので、
一度熱が篭ってしまうと、
年寄りや乳幼児にとっては、
マジ殺人的な暑さらしい。

しかも、北極圏ラップ・ランドでもこの気温。
日本と違い空気が非常に乾燥している為、
深刻な山火事もあちこちで起きている。
スウェーデンでは地下が泥炭の為、
一度火が付くと、鎮火が非常に難しいらしい。

暑さと水不足で穀物や牧草が育たない為、
農家への打撃も大きい。
中には、家畜を処分する覚悟の農家も(涙)。

そして、この猛暑と干ばつは、
一体いつまで続くのか、誰も予測出来ない。

これらのヨーロッパの異常気象は、
主にジェット気流が動かない事から起きるらしい。
元来ジェット気流は、蛇行しながら
西から東へと移動するもので、
その移動により、天候は1、2週間毎に変更するが、
ここ数年は1ヶ月以上停滞する事が多く、
その間同じような天候が延々と続く。

2010年5月、アイスランドからの火山の噴煙で、
イギリスを始め、北西ヨーロッパの
ほとんどの航空交通が欠航されたのも、
ジェット気流の停滞が原因の一つだった。

長くイギリスに住んでいる人達に寄れば、
この国で毎冬のように洪水が起きるのは、
ここ10年位の現象らしい。

因みに、イギリスのこの記録的な水不足は、
1976年以来だそうだ。
暑さ自体は、76年の記録を昨年更新したが、
今年更に塗り替えるかも。

全てが地球温暖化のせいとは言えないが、
異常気象なのは確か。
そして、益々頻繁に起きているように感じる。
今まで一度も洪水や土砂災害に
遭った事のない地域でも、
少しでも可能性がある場所は、
今後は備えなければならないのだと思う。





[PR]
by piyoyonyonyon | 2018-07-21 15:04

院内連続殺人

現在日本で、看護師が薬物を混入して
患者を次々に殺していたと言う事件が
発覚して問題になっているが、
この手の事件は、イギリスでもコンスタントに起こる。
多分、何処の国でも度々起きているのじゃないかと疑う。

実際つい最近も、イギリスで28歳の看護師が逮捕された。
(その後、証拠不十分で保釈されたようだが)
この場合、被害者達が新生児だと言う点が、
かなりショッキングだった。
誰が殺されても許される事ではないが、
この手の事件の被害者は、大抵高齢者だから。
何せ健康に何か不具合のある入院中のお年寄りなので、
様態が急変して亡くなっても中々怪しまられず、
その為発覚が遅れて被害者が増えるのだが、
新生児が立て続けに亡くなったら、
そりゃ現代では明らかに不審だろ…。

また、イギリス南部の病院で、
主に1990年代の10年間に、
450人以上もの高齢患者が、
大量の鎮痛剤を投与されて死亡していたと言う事件も、
最近になって発覚している。
普通この手の犯人は単独犯だが、
これは病院の組織的な犯行だったようだ。
450人死亡と言えば、最早戦争並みの数。

イギリスの犯罪者には、見るからに悪人面で、
普段から素行の悪い者が多いのだが、
この手の事件の犯人だけは、
真面目で温厚だったり、大人しかったり、人望もあり、
言わば「虫も殺さない顔をして」と言う
真正サイコパス的な人物が圧倒的に多い。
だからこそ、怪しまれずに犯行を重ねたのだろう。

非常に残念な事だが、人間の死に際に
直接何度も関わる仕事をしていると、
感覚の麻痺して来る人が、たまに現れるらしい。

誤解のないように言って置くが、
医療従事者の全てが、
当然このような犯罪に手を染める訳ではない。

しかし医療が、極めて重労働で、
ストレスの多い仕事なのは確かだ。
体力だけでなく、精神的にも
相当強靭でなければ勤まらない。
もしかしたら医療従事者にこそ、
定期的な精神のケアが必要なのかも知れない。




[PR]
by piyoyonyonyon | 2018-07-20 15:05

日本語は難しい

ウェブ辞書で、「虫が良過ぎる」を自動翻訳したら、
「Insects are too good.」と言う訳が出て来た…。




[PR]
by piyoyonyonyon | 2018-07-18 15:06

トランプ祭りだ!

先日の金曜日、トランプが大統領として
初めてイギリスを訪問した訳だが、
反トランプの抗議活動デモ隊が、
予想以上に大規模&大掛かりで笑った。
トランプの就任式の観客より、
今回のデモ数は多いんじゃないか?

そして驚いた事に、一応怒りの矛先を
トランプに向けているデモのはずなのに、
一同に皆とても幸せそう…。
嫌いなものを共有出来る感覚は、
好きなものが一緒よりも団結が強いと聞くが、
皆非常に楽しんでこのデモに参加しているのだ。
警備隊との多少の小競り合いはあったものの、
これはもう国民をあげてのお祭り気分。
サッカーW杯の優勝に浮かれるフランス人と大差ない。

あの秀悦なデザインの赤ちゃんトランプを始め
(そのうち中国が勝手に商品化するだろうよ)、
老いも小さな子供も、
創意工夫溢れる抗議看板を掲げていて、
眺めるだけでも楽しめた。

トランプは、このデモに対して
「構わない」「多くの英国人は俺の事好きだから」
とコメントしていたが、見え透いた大ウソ
病的に負けず嫌いで、自分に反する者には
何にでも喰って掛かる器の小さいこの男は、
本当はデモが気になって気になって仕方なかった。
だから、今まで英国訪問を先延ばしにしていたし、
実際一番デモの激しい首都ロンドンは極力避けたし、
出来るだけヘリ等の空中移動をした。
それでも悔しくて溜まらず、
デモを許可したロンドン市長サディク・カーンに、
根拠のない(いつもの事だが…)暴言を吐いた。

カーンもメイも、トランプのとんでも発言の数々には、
苦笑していましたね。

そして、トランプを好きな(と言うか嫌いでない)
多くの英国人とは、
イギリス人の30%らしい。
確かに思ったよりは多いなwww

勿論、親トランプ派が訪英を歓迎してはいたのだが、
反トランプ派からの攻撃を恐れてか、
ひっそりパブに篭っているか、または
怯えているような自信と覇気の無い、しょぼいデモだった。

スコットランドに移動した際、
グリーンピースと言う、一般のデモ隊とは全く別の
宗教&テロリスト団体の抗議者が、
パラグライダーでトランプに近寄った。
(勿論そいつは逮捕された)

単に横断幕を掲げていただけだが、
その時の、お付の者に庇われるor誘導されるまでもなく、
誰よりも一早く逃げたトランプのビビリぶりが見モノ。
まあ、もし攻撃されるのであれば、
真っ先に狙われるのは当然ヤツだしね。
おまけに普段から悪目立ち過ぎ。

しかし、あんなに警護に金掛けておいて、
しかもあんなにノロい乗り物なのに、
あっけなく接近を許すとは、
警備隊も余程やる気がなかったのか。
単に笑い事ではなく、大いに問題だ。

他にもこのドナルド君は、
僅かな英国滞在中に、
沢山の笑える話題を提供してくれましたよ。

翌日、米露首脳会談の為にヘルシンキに移動したが、
ここでもフィンランド人の抗議デモが迎え打った。
多くのフィンランド人は、
独裁者ぷうちんは勿論、トランプも大嫌い。
フィンランド人の国民性を考えると、当然と思える。

会談自体は、成果も進展も意味もなかっただの、
単に露に屈服した大失態と批判されているが
(弱みを握られているから仕方ないよ~)、
前日のゴルフで無様に日焼けし、
オレンジ色から茶色に変わったコイツに、
誰か突っ込んでくれ!!と叫びたかった。

しかし、そんな意味のない会談に
会場を提供する羽目になり、
国に混乱を持ち込まれ、
警護に大金を費やしたフィンランドには、
幾ら金持ち国とは言え、心底同情する。





[PR]
by piyoyonyonyon | 2018-07-17 15:07