<   2018年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

愛しの毒キノコは何処

毎年Xmasのプレゼントを発送するのに忙しい時期、
日課のように郵便局へ通う途中、
絵本で出て来るような赤地に白い水玉の毒キノコ、
すなわちベニテングダケの沢山生えるスポットがあるのだが、
今年は一つも生えなかった…。

其処だけでなく、周辺の全ての毒キノコ・スポットで、
ベニテングダケを全く見掛けなかった。

夫は、暖冬で生育条件が揃わなくて
生えないんじゃない?と言っていたが、
今なら晩秋位の寒さは十分ある。
雨は多く、地面も相当抜かっている。でも生えない。
実際他のキノコなら、通常通りに結構見掛けた。

ベニテングダケは、このまま今冬は生えないのか、
それとも2月頃にいきなり生えたりするのか。
(何せキノコの成長は早い)

もし、今年の夏が乾き過ぎていて、
菌が死んでしまい、
今後もう一生生えない
なんて事になったら悲しいなー。




by piyoyonyonyon | 2018-12-31 15:02

調査兵団バッグ

今回姉夫婦から送られて来たXmasプレゼントの中に、
調査兵団の襷掛けバッグがあった。
兵団服色のキャンバス地のバッグに、
「自由の翼」の紋章がプリントしてあり、
更に茶色い合皮の装飾ベルトが付いている。
著作権マーク等は一切見当たらず、
非常に海賊版と疑わしき怪しい商品だが、
造りはしっかりしているし、
ポケットが豊富で機能性も良いし、
何より分かる人しか分からない、
控え目なヲタ・グッズだ。

姉が買った物で、私でも私の夫でも
どちらでも好きな方が使って良いとの事だった。
が、実は私は、このバッグの中古を既に持っていた。
この夏、フリマで買ったからだ。

其処は、10代後半~20代前半と思しきイギリス人女性が、
他にも中古のアニメ・グッズを販売しているストールだった。
調査兵団バッグの値段を尋ねると、
「『進撃の巨人』が好きなの?」と嬉しそうに聞いて来た。
私が「ええ」と答えて、丁度その時持ち歩いていた
「進撃のスカイツリー」のトート・バッグを見せると、
「ワオッ。そのエキシビジョンに行ったの?
日本にはしょっちゅう行くの?」と更に嬉しそうに聞いて来た。
「行きますよ。日本人だからね…」と私が答えると、
彼女はいきなり結構流暢な日本語を話し出した。
「実は来週から日本で暮らします」と。
きっと彼女は、昔から日本のアニメが好きで、
日本語を一生懸命勉強して、
とうとう憧れの国日本に住み始める事になったのだろう。

その後もしばしお喋りしたが、去った後で、
「Good luck for your new life in Japan!」とでも
言うべきだったと後悔した。
もしイギリス人だったら、きっとそう言うだろう。
彼女が、日本で失望せずに楽しく暮らせる事を心から祈る。

結局そこで買った調査兵団バッグを、
後から夫に見せたら、結構マジで羨ましがっていた。
なので、姉からのプレゼントは、
正にグッド・タイミングだった。
これからは、夫婦おそろで使うよ…。




by piyoyonyonyon | 2018-12-30 15:06

今年見たアニメ

夫がアニヲタだし、イギリスに住み始めて以来、
ネットで正規で見れる日本のTV番組が
アニメ位しかないので、結構私も見ている。
因みに日本に住んでいた頃は、
深夜アニメなんて全く見なかった。
何故なら、午前0時には就寝するから(爆)。

食戟のソーマ餐の皿(後編)
Food War! The Third Plate

大袈裟なグルメ表現を、更にネタにしていて
毎回笑えて面白い。そして毎回腹が減る。
学園の女王えりな様が、毒親の呪縛から逃れる為、
主人公創真達側に付いたので、
これから益々面白くなりそう。
どうでも良いが、えりな様の私服がダサい。

くじらの子らは砂上に歌う 
Children of the Whales

日本でオンエアされたのは去年だが、
こちらで配給されたのは今年だった。
ストーリーもキャラクターも魅力的だし、
グラフィックも世界観も好み。
続編が待ち遠しい。

ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン
Violet Evergarden

ネットフリックス・オリジナル。
人間兵器として育ち、心を持たずに育った少女が、
最も大切な人の残した言葉の意味を知る為に、
戦後は手紙代筆業として働きながら、
徐々に感情を学んで行く、
手紙をテーマとしたヒューマニズム・ドラマ。
夫の今年の一押し。
主人公ヴァイオレット役の声優さんの魅力が大きい。
淡々としているがひたむきな役が、非常に合う。
今度映画化されるらしい。

B: The Beginning
同じくネトフリ・オリジナル。
イタリアとカリブ海と日本が混じったような
群島国家が舞台のサスペンス・アクション。
プロダクションI.G.の作品なので見たが、
最初は中々話に引き込まれなかった。
しかし、幼馴染の運命の少女を探す少年、
古代の伝承を裏付ける考古学、
それを実現する為の生体繁殖研究所が絡む
六~七話目位から、どんどん面白くなって来た。
続編が出たら、きっと見る。
ところで、ネトフリのどの番組も、
エンディングになると自動的に画像が小さくなるのは、
本当に余計なお世話だから絶対止めて欲しい。

A.I.C.O. Incarnation
同じくネトフリ・オリジナル。バイオSF。
黒部ダムが舞台なので、
プロジェクトXのテーマ曲(by中島みゆき)が頭を過ぎる。
近未来設定なのに、主人公達が学ラン&セーラー服な為、
同じくNHKの少年ドラマ・シリーズっぽい懐かしさがある。
主人公のアイコが萌え。

進撃の巨人 Season 3
Attack on Titan Season 3

相変わらず本命だが、今回から突然NHK放送になった。
今までもクロースアップ現代に取り上げられたり、
紅白にも出たりで(主題歌のRevoさんが)、
もしかしてNHK幹部に
熱烈な進撃ファンがいるのでは?と疑っている。
この、いわゆる王政編と呼ばれるシリーズは、
原作では個人的に大好きだったが、
巨人がほとんど出てこない為、
一般的には大変不人気で、実際読者が離れたらしい。
そのせいか、アニメでは、
お気に入りのエピソードやセリフが、
色々すっ飛ばされていて悲しい…。
Season 1では、アニメには珍しい
メリハリのある主線が魅力だったのに、
2からはそんな線がどんどん減って細くなり、
3ではほとんどないのも違和感。
ただし、原作絵には雰囲気が近くなった気はするし、
実際この主線で作業の手間が大分違うらしい。
3で初登場のキャラの声は、どれもイメージ通りだった。
雑魚代表キャラ・フロックが赤毛と言う設定も納得。
ヒストリアが自分の役目を受け入れる過程も、
改変されて原作よりしっくり来る演出になっていた。
しかし何と言っても、リヴァイと中央第一憲兵の
対決シーンが、期待通り圧巻。

ルパン三世 パート5
Lupin The 3rd Part 5

安定の質の高い面白さ。
なのに、クランチーロールの
人気ランキングでは非常に低かった…。
今回は、シリーズ物の間に、
一話完結がちょこちょこ入る、変わった構成だった。
ルパンも時代と共に変化していて、
サイバー的なエピソードが多くなって来ているが、
一話完結の中には、昭和の香りプンプンを狙ったレトロな物も。
天才ハッカー少女と、チベットの王女様の
友情のエピソードが良かった。
今回は、いつものルパンを振り回すだけの不二子ではなく、
ルパンにやきもきする不二子と言った、
不二子を少し掘り下げたエピソードも多く、
不二子がかっこ良かった。
それと、結構食べ物の描写が多く美味しそうだった。

ひそねとまそたん 
Dragon Pilot

特撮の映画監督の樋口真嗣の初のアニメ監督作品。
自衛隊+ドラゴン物。実は、軍物が結構好きなようだ…。
「あまちゃん」のファンアートを元にしたらしい、
一見ギャグ漫画っぽいキャラクター・デザインや、
手描きの水彩画の背景が独特で良い。
主人公ひそねの「思った事を何でも口にしてしまう」性格が、
最初はウザいが(ASDに違いない)、
そういう社会性に問題ある中途半端な若い女性だけが、
ドラゴン・パイロットに選ばれると言う設定が面白い。
日本って古代から兵器としてドラゴン所有していても、
アメリカに戦争で負けちゃったんだねー。
アメリカはキングギドラでも持っていたのか?
フランス・ギャルのコピーのEDのダンス映像が好み。

はたらく細胞
Cells at Work

それぞれの細胞を擬人化し、一人の体内を一つの社会として
舞台化したサイエンス・コメディ。
日々細胞達が、病原菌や体調不良や癌細胞等と戦う。
非常に勉強になるので、医療機関や教育機関から、
教材として使わせて欲しいとラブコール多数とか。
でも主人公の赤血球ちゃんって、
実は三か月程度しか生きられないらしいのが悲しい…。

東京喰種:re
Tokyo Ghoul :re

イギリスでは、「進撃の巨人」と並ぶ程人気がある作品。
アニメ前編(春始まり)と後編(秋始まり)の間に、
原作漫画が完結したのだが、
それで急にアニメも後編で完結しようって事になったのか、
後編は話をすっ飛ばし端折り過ぎて、
予め知っているか、後日ウィキで調べない限り、
全く話に付いていけない状態に!
もしかして一話抜かして見ちゃった?と疑う程だ。
ただでさえ、登場人物が多くて複雑なのに。
結末は、今までの怒涛の世界からすると、
拍子抜けする程ハッピー・エンドであった。
特に、グールが食用出来る人口人肉を発明した
ニシキ先輩の功績が凄くないか??
まあ私としては、什造が幸せになってくれれば…。

ジョジョの奇妙な冒険 5 黄金の風
JOJO'S Bizarre Adventure 5 Golden Wind
相変わらず面白い。
相変わらず、変なヘアスタイルと
変なコスチュームのオンパレード。
グラフィックは更にクドくなって
原作に近付いたが、そこが益々良い。
今度の舞台は、イタリアでマフィア。
元々ミュージシャン名や楽曲名からくすねた
登場人物やスタンドのネーミングが多い為、
使用著作権等の関係か、英語字幕では
苦肉の策で変更されているのがまた面白い。
でも舞台のネオポリスは、
わざわざナポリって直す必要ないのでは。
OP映像が格好良い。

これらは全て最後まで見続けた作品なので
(まだ完結していない物を除き)、
自分的には皆面白かったと満足している。
夫は、他にも沢山見ているが、
私には全く耐えられないアニメも多い。
毎年驚く程沢山のアニメが放送されるが、
アニヲタだけが内輪受けして喜び、
周囲を益々を遠ざけるような作品ではなく、
アニメに余り馴染みのないイイ年した大人でも
楽しめる作品が増えて欲しい。




by piyoyonyonyon | 2018-12-28 15:03

万能調味料

今年は、久々に裏庭のリンゴの木から収穫が出来た。
ただし、どれも小粒で美味しくないリンゴだった。
甘さも酸味も弱く、言ってしまえば寝惚けた味。
しかし、皮ごと刻んで(何せ無農薬)、
甘味と酸味は蜂蜜やレモン汁で調節し、
生姜、シナモンやクローブ等の
スパイス等を加えて煮込むと、ちゃんと食用は出来る。

それをタッパー2つ分程作って冷凍したが、
それでも未だリンゴが結構大量に余っていた。
どう使い切ろうか考えあぐねていると、
その内リンゴが萎びて来た。

試しに、一つ摺り下ろして
パスタ用のトマト・ソースに加えてみると、
ややっ、これはコクが増して美味しい。

何せ、元が寝惚けた味の小さいリンゴだから、
甘さや酸味が邪魔をする事もない。

カレー(インド風の)や和風の醤油味の煮物にも加えてみたが、
どれも違和感なく、尚且つコクと旨味が増した。

結局残ったリンゴは、芯を取り除いて
全てフード・プロセッサーに掛け、
全く味を加えずに電子レンジで加熱し、
煮物&ソース系に使い切った。
冷蔵庫で、一週間以上保存出来る。

もし古いリンゴが余っていたり、
買ったリンゴの味が今一だったら、
是非一度お試し下さい。




by piyoyonyonyon | 2018-12-27 15:05

12月のイギリスの郵便事情

今年は、クリスマス・プレゼントの
国際郵便での発送が、全体的に随分遅れてしまった。
出来れば、国際郵便は12月前に出したい物だ。
何故なら、前の記事でも書いたように、
12月の欧米の郵便は、一年で一番混雑し、事故が多発し、
遅延は未だしも、紛失や盗難が頻繁に起きるからだ。
日本の年賀状と違って、カードがメインではなく、
プレゼントの小包も多いのも、原因の一つだろう。

実際、日本へのクリスマスのエアメールの締め切りは、
毎年12月5~9日位に設定されている。
これはあくまでイヴまでに確実に到着する為の
補償のような期日で(実際には補償しないが)、
例え11月末~12月であっても、スムーズに行けば、
通常のエアメール通り7~10日で日本に到着する事もある。

そうすると、クリスマス・ツリーを飾るのが
せいぜいイヴの1週間前以内の日本に居る友人からは、
「気が早い」などと笑われる事がある。
いや、全く早くないんです。

そして、イギリスから日本へ送る郵便物より、
日本からイギリスへ送る郵便物のほうが、
遥かに紛失する確率が高いので、
実は日本から発送する側こそ、早めに送るのが望ましい。
とは言え、教師も走るクソ忙しい日本の年末故
(イギリスの12月は、既に頭が休暇の事でいっぱい、
または実際早々と休暇に出ていて、真っ当に働く人は少ない)、
買って用意してくれる、送ってくれるだけでも有難いのに、
早く送ってくれ!とは決して催促出来ない…。

ハンガリーの友人だけは、このヨーロッパの
12月の郵便事情を嫌と言う程把握していて、
更にハンガリーの郵便はイギリス以上に酷いので、
さすがに毎年対応が早い。

イギリスの郵便、及び宅配の何が不安って、
最後の配達がいい加減な事だ。
ドアベルも鳴らさず荷物を玄関前に置きっぱは当たり前で、
留守の場合、近所の家に預けても、
受取人の家に不在表を入れ忘れる (引き取り不可能)、
または不在表に書かれた預けた近所の家の住所が
間違っている等もお手の物だ。
なので、荷物が何日に届くかある程度予測出来る場合、
出来るだけ外出しないようにしている。

幾ら割れ物注意と表示しても、扱いが乱暴で、
通販で頼んだ商品が届いたら破損していた…なんてのは
日曜茶飯事で、返品交換して貰った商品が、
またしても壊れていた!なんて経験もある。

また国際小包の場合、関税を掛けられて、
受け取る側が結構高い金額(5千円とか)を
支払わなければならない事が度々起こる。
合成皮革のバッグを勝手に本革と誤解したとか
(※革製品は関税が掛かる)、
一度関税を掛けられたら、
どう説明しても聞き入れて貰えない。
いつも日本→イギリス便だけで、
イギリス→日本便には関税が発生した事はない。

勿論誤配も多い。伝票番号の追跡で、
既に配達センターから出荷途中にあると表示されても、
実際受け取るまでは全く安心出来ない
(12月だけに限らず)、
毎回結構緊張するのがイギリスの郵便だ。




by piyoyonyonyon | 2018-12-25 15:10

今年のXmas電飾トレンド

イギリスの一般家屋のクリスマスの屋外装飾は、
毎年眺めて飽きない。
勿論、さすが西洋の家で絵になる、と思うのもあるし、
笑っちゃう位ひどいセンスの家もある。
ある意味、どちらもインスタ映え。

アメリカからの影響らしいが、
持ち家率がヨーロッパ一高いイギリスでは、
グッズ販売もエスカレートして来て、
年々クリスマスの屋外装飾が過熱しているようだ。

今年初めて見た電飾のスタイルは「マッピング」。
すなわち、投影機から家の外壁に映像を投影させる方式だ。
映像は、サンタなどの具象的な(子供っぽい)イラストもあるが、
雪の結晶や光の粒だけが、ミラーボールに反射したように
ゆっくり動いて外壁全体を照らしている物が美しく目を引く。

投影機を設置する為の前庭の全くない家では使えないが、
前庭の奥行きはせいぜい2m程度で事足りるようだ。
凹凸の多い古い(ヴィクトリア時代以前の)家より、
外壁が平坦な比較的新しいタイプの家屋に向く。
何より、高い梯子を使って家の外壁中に電飾を張り巡らせ、
Xmasが終わったらまた梯子で取り外す手間に比べると
(それが面倒だからと一年中飾りっぱなしの家も時々あるが…)、
投影機の設置だけで済むのだから超お手軽だ。

うちでは、今まで屋外のクリスマスの装飾までには
手を出そうとは思わなかったが、
実は、これなら結構良いかもと思っている。





by piyoyonyonyon | 2018-12-24 15:08

最強のダサいXmasセーター

セーターではなく長袖Tだけど、
Wham!の「ラスト・クリスマス」が
でかでかとプリントされたやつ…。
今年、結構イギリスのあちこちで販売されている。




by piyoyonyonyon | 2018-12-23 15:07

プレゼントを開けるタイミング

今月頭に、早々と日本の姉夫婦から
クリスマス・プレゼントがEMSで届いた。
開封したら、凄く焦って送ったとの事で、
ほとんどラッピングがされておらず、中身丸見え。
未だ12月頭でクリスマスには間が十分あるのに、
何故姉夫婦がこれほど焦って発送したかと言えば、
欧米の12月の郵便は非常に混雑し、
遅延は当たり前で、紛失、盗難も多いからだ。
実際、私への郵便物も、今まで幾つか届かなかった事がある。

とにかく、ラッピングが無くて中身が分かるし、
クリスマスまで待っている意味はないので、
姉と義兄に訪ねてもOKと言われ、早速開ける事にした。
半分は夫用だったから、渡して開けるように言った。
すると、「クリスマスに開けるよ。どっか仕舞っておいて」と
こんなに沢山貰っておいて、結構面倒臭そうに言った。
既に受け取ったのだから、自分で仕舞えよ!とイラっと来た。

クリスマスや誕生日用のプレゼントを前もって受け取った場合、
当日に開けると言うのが、なるほど筋かも知れない。
それとも、欧米では、当日前に開けると運が悪いとか、
何か日本以上に厳しいジンクスがあるのかも知れない。
でも私は、プレゼントを受け取ったら、
余程早く(2、3か月前とか)渡されたのでもない限り、
すぐに開けて、即座にお礼と内容の感想を
相手に伝えた方が良いと思っている。
特に手渡しの場合、その場で開けて
相手に反応を見せた方が良いと思っている。
プレゼントの感想を述べて、
何処でどう言う経緯で選んだか等
贈ってくれた相手から聞くと楽しいし、
贈り物への愛着も一層沸く。

私がプレゼントを贈った場合も、
すぐに開けて貰ったほうが嬉しいからだ。
後で開けますと言われるより、
待ちきれなくてもう開けちゃったと言われる方が、数段嬉しい。
特にクリスマスの場合、クリスマス用の
装飾品や食べ物を送る事もあるから、
当日かイヴに開けられると、意味のない事もある

当日にプレゼントを開封する場合、
複数を開けている内に、どれが誰からの贈り物か、
混同しないように気を付けていても、
分からなくなってしまう事がある。
受け取った後、即座に開封した方が、しっかり印象に残る。
特にクリスマスの場合、いつも義母の家で過ごした後で、
大抵グッタリぼんやりした状態で開封するので
(夜通し大人数で過ごすとやはり非常に疲れるのだ)、
どうもプレゼントの嬉しさが半減しているように感じる。
相手へ連絡するのも遅くなる。

一番ガッカリなのは、プレゼントを発送して、
届きました~とだけ連絡が入り、
開けるのは当日にすると言われるが、
その後待てど暮らせど、プレゼントを開けたとか、
内容に関する連絡がまるでない事!
余程気に入らなくて返答に困ったのかとしか思えないが、
実際に合うと(海外に住んでいるので数年後だったりする)、
気に入って実用しているのを見て拍子抜けする。

もっとも更に悲しいのは、と言うか最早無礼なのは、
「届いた」との連絡もない事だろう。
非常に心もとない国際郵便なので、
無事届くかどうかは毎回相当ドキドキだと言う事を
(おまけに送料は高い)、配慮して頂きたい。
以前共通の友達から、「〇〇ちゃんへの
クリスマス・プレゼントをエアメールで送ったんだが、
数週間経つけど届いたとの連絡がない」とボヤかれた事がある。
「きっと〇〇ちゃんは相変わらず仕事で忙しいのね…。
でも、届いたとメールを入れる事は1分で出来るはずよね」
とグウの根も出ない正論を言われ、
私が悪い訳でもないのに申し訳ないッと思った。




by piyoyonyonyon | 2018-12-22 15:05

恐るべき「ちゅ~る」の威力

前々から日本で、いなば食品が製造販売している
猫用ペースト状おやつ「CIAOちゅ~る」が、
多くの猫達に物凄い人気と聞いている。
「ちゅ~るの食いつきは異常」とか、
自らちゅ~るのチューブを抱えて押し出しながら
恍惚とした表情でしゃぶるニャンコとか、
ちゅ~るのCMソングを歌っただけで
愛猫が何処に居ようと突進して来る、
毎日ちゅ~るの時間になると
猫カフェの猫達の一斉「早くくれ」大合唱が始まる、
ちゅ~るの言葉を聞くだけで猫が態度を豹変させる、
など、ちゅ~るに関する猫の逸話は後を絶たない。

姉の家のロシアン・ブルーの灰斗は、
元々食に対する関心が非常に薄い猫だったが、
灰斗にもちゅ~るを与えてみては?と提案したら、
ちゅ~るではなく、類似品の「シーバとろーり」が既に大好物で、
「あの食に関心のないハイちゃんが…」と姉を驚かせているそうだ。

イギリスではちゅ~るは売られていないが
(アメリカには輸入されているらしい)、
「シーバ・クリーミィ」と呼ばれる
シーバとろーり等は販売されているので、
試しにタラちゃんに与えてみた。
…確かに、凄いガッツキよう!

ついでに、与える度にちゅ~るのCMソングも
歌うようにしてみたが(ちゅ~るじゃないけど)、
こちらも効果速攻覿面であった。

今では、猫用ご飯やおやつが仕舞われている戸棚を開ける度に、
自らペースト状おやつのパッケージを手でちゃいちゃいしたり、
しゅりしゅり頭を擦り付ける程のお気に入りぶりだ。

「飼い主の手を汚さず与えられる」と言うのがウリの
チューブ入りペースト状猫おやつだが、
私に忍耐がないのか、タラちゃんがせっかちなのか、
度々床に零し、それをタラちゃんが舐めてしまうので、
結果として自分の手を洗うより厄介な事になる。
そこで、大抵は手から与えずに、カリカリの上にトッピングしている。

余りに猫夢中なので、マタタビとかドラッグとか高い塩分とか、
やばいもんが入っているのでは?と疑われるちゅ~るだが、
獣医師が検査した結果、その心配はないそうだ。
ただし、あくまでおやつなので、
幾ら猫が喜ぶからと、こればかり与えると、
栄養が偏って健康に良くないらしい。

とにかく、外出して中々戻って来ない猫を呼ぶ時、
猫が病気や高齢で食欲がない時、
落ち着かせたい時、薬を飲ませる時など、
こうしたペースト状おやつは有効かも知れない。




by piyoyonyonyon | 2018-12-21 15:07