人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

収穫

イギリス中、大抵何処でもそうだが、
うちの周囲には野生のリスがどっさり住んでいる。
彼等は、秋には木の実を
わざわざ人間の庭に運んで来て、
せっせと埋めて貯蔵する為、
鉢植え等の庭のあちこちが掘られて荒らされる。
春になると、ハンギング・バスケットから
樫や栗の木が生えて来たりする。

先日、夏用のハンギング・バスケットの植え込みをしたら、
翌日リスに早速荒らされ、植物が抜かれていた。
木の実の季節でもないのに何故?
と思って確認したら、バスケットの中に、
恐らく近所で誰かがBBQした残骸の、
ソーセージのでっかい切れ端が突っ込まれていた。

リスなんだから、ソーセージなんか食うな、仕舞うな!




by piyoyonyonyon | 2019-07-05 15:08

適切なサイズ

イギリスの義妹(夫の妹)は、
お洒落には相当拘りが有り、
とにかく他人とは違った服装を好む。
時々色や柄の組み合わせがブッ飛び過ぎて
激し過ぎる時もあるが、
大抵は、イギリスの一般的な女性の
ハスッパな恰好とは全く違い、
お金を極力掛けないのに個性が光り、
義妹の服のセンス自体には感心する。

しかし、問題なのは、
いつも服のサイズが合っていない事。
何故か必ず、どう見ても義妹には
小さ過ぎる服を着ている。

義妹は、バレエを習っていただけあって姿勢は良いし、
背丈も十分あるし、頭も小さいし、
私と初めて会った頃は、細身ではないものの、
出るべき所は出る、日本人には縁遠い、
中々かっこいいメリハリのある体型をしていた。

が、出産後はさすがに太り、
ウェストの括れはすっかりなくなった。
とは言え、肥満体国のイギリスでは、
決して深刻な程太っている訳ではない。
ただ、いつもピチピチの小さな服を着ている為、
余計肉感が倍増して見えるのだ。

念の為、太る前の昔の服を、
今でも無理矢理着続けている訳ではない。
そしてイギリスなので、
義妹に合うサイズが存在しない訳でも全くない。
例え新たに買った服でも、
いつも選ぶサイズがわざわざ小さいようだ。

もしかしたら義妹は、
余裕のある大きさの服は、
太って見えると信じているのかも知れない。
確かに、大き過ぎる服の場合、
デザインに寄っては、デブを隠すどころか、
返って膨張して見える事もある。
だからと言っても、
三段腹を強調するような全体的にパツパツな服では、
着痩せして見える事は永遠にない。

そもそも、あんなにサイズの小さな服では、
夏は暑いし行動しにくいしで、
着心地が相当悪いと心配するのだが…。

この前会った時に義妹が着ていた
デニムのジャンパー・スカートは、
殊更はち切れんばかりにパッツンパッツンで、
着用するだけでも、体を押し込むのが大変で、
さぞ苦労しただろうと想像出来る程だった。
後から夫にこっそり、
「…今日の彼女の服は、
さすがに小さ過ぎたねえ」と言うと、
夫「ああ、肉に食い込んで、
最早ビバンダムだったな」

c0240195_2334416.jpg
by piyoyonyonyon | 2019-07-03 15:08

暴力的な塩キャラメル

イギリスでスーパーで買えるデザートとしては、
美味しく高級な部類に入るブランド「GÜ」で、
「塩キャラメル・チーズケーキ」
を期間限定で発売していて、
しかも特価だった為、試しに買ってみた。

一口食べた感想、夫婦揃って「しょっぱ!!」。
デザートとしては在り得ない程塩辛いのだ。
甘い事も甘いのだが、塩加減で言うと、
最早みたらし団子や稲荷寿司に近い

やっとこさ食べ終わった後、
二人共やたら喉が渇いた。
…もう二度と買う事はあるまい。



by piyoyonyonyon | 2019-07-01 15:05